【運送会社向け】運賃計算・請求書・車両の管理ならトラックメイト

 

タイガーブログをご覧のみなさま。閲覧ありがとうございます。販売促進部の川井です。働き方改革が叫ばれているいま、運送会社でも業務効率の改善のため基幹業務システムの導入が進んでいます。複雑だった運賃の計算・請求書の発行などが可能なほか、車両管理等の機能も備えているシステムが世の中には多く発売されています。そもそも日常の業務をシステム化すると何が良いのか、さらにそのシステムをクラウド化した際のメリットなど、気になっている方は多いのではないでしょうか!

 

 

運賃請求システムでは何が出来るのか?

今回の記事で取り上げるようなシステムのことを運賃請求システムと呼んだりしますが、このような名称だからと言って本当に運賃の計算しか出来ません!というようなものは少ないです。運送会社の業務は、物を運ぶ以外にも多岐に渡るため、様々な機能を搭載している製品がほとんどです。これらの機能群の総称として、メインに近い機能を抜き出し【運賃請求システム】と呼んだりします。なお、呼称の定義は曖昧なので特に追及はしません。

実際の会計や経理・請求の業務では手書きの表やエクセルなどを用いている会社もあると思います。さすがに少なくなってきていると思われる手書きの表などについてはあえて触れませんが、エクセルを用いて計算などは現在も使っている会社は多いでしょう。エクセルは数字を直接入力して計算できたり、簡単に印刷できるなど、一見便利なのですがこの裏にはあらゆる問題が潜んでいます。

 

  • エクセルが抱える問題
  • 〇複雑な計算式やマクロなどが組んであると、特定の人しか扱えない
  • 〇データ量が膨大になってくると、過去の履歴の検索性が落ちる
  • 〇もしそのエクセルが入っているパソコンが壊れたら、、、

 

最後の行を見てドキッとした経営者の方がいましたら、迷わずシステム化(しかもクラウド化)することをお勧めします。また電卓を叩いたりエクセルに複雑な計算式を作ったりする必要がないことが、システム化することのメリットと言えます。さらにエクセルからの脱却は業務効率化にも繋がるほか、運送会社では得意先への請求書と傭車先への支払い明細を分けてエクセルで管理しますが、システム化することによって一元管理出来たりします。

この章では「業務をシステム化した方が良い」という結論にいたります。しかし、世の中には様々な基幹業務システムがあるのでどれを選んだら良いかわからない、という声を耳にするのは事実です。その際には、自社のどういった業務を効率化したいのか、現在不便に感じている点は〇〇でこれをシステムでやりたい、など要望をまとめておいて、製品を提供している会社へ問い合わせてみるのが得策と思います。

ただこういったシステムに対して全くイメージが湧かない状態では、どんなことを問い合わせたら良いかすらわからないと思います。そのため、実際の製品のデモを依頼するのも効果的です。説明を読んでもよくわからなかった部分を目の前で実演してもらうことによって、業務に活用する際のイメージもしやすいですし、新たな活用方法を思いついたり、担当営業がヒアリングした内容から新たなご提案をさせていただくケースもあります。

タイガーでも、トラックメイトのデモの依頼を受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。
 

トラックメイトについて問い合わせる

 
この記事では実際に運賃請求システムはどのようなものなのか、タイガー製のトラックメイトをベースにご紹介をしていきたいと思います。もちろん、トラックメイトは運送業を営む事業者の方の声を聞いて開発した製品になるので、様々なニーズを満たすことが出来る仕様になっております。

 

トラックメイトの機能ではここまで書いてきた通り、配送した運賃の計算をすることができます。どのようにして計算するのかというと、得意先(荷主)との条件にあったテーブル(表)を作成して、単価を自動算出して数量による掛け算を行います。

  • 運賃計算方法の例
  • □関東圏~関東圏で4tの場合は単価〇〇円
  • □大阪にこの商品を届けた時は1個あたり単価〇〇円
  • □出発地Aから目的地Bに〇〇kg運んだ場合は単価〇〇円

他にも、単価を運賃表から参照してくることや、基本運賃の掛け率(計算結果の90%)などの細かいニーズにも答えられる仕組みになっております。また、常傭など月極で運賃が決まっている場合は、常傭の月極運賃をマスタ(※)化して計算することも出来ます。

※マスタとは……システムを使う前にあらかじめ入れておくデータのこと。

トラックメイトでは上記のような形で運賃の計算が行えるほか、この機能に付随して請求書の発行も行えます。これは次の章でご説明します。他の機能として運賃計算以外んの部分では車両の管理を行うことができ、車両や車種ごとの収支管理や日毎・走行Km毎・輸送トン数毎の売上や人件費・燃料費・利益等の管理が可能です。また専属で傭車契約車両(常傭している傭車)も前述した内容での管理が可能となっております。
 

トラックメイトの製品を詳しく知りたい方はこちら
https://www.tiger-inc.co.jp/trans-system/pro3/

 

荷主への請求書発行も簡単!

一般的な話になりますが請求書は多少電子化が進んだものの、未だに9割近い企業が紙の請求書を印刷して送付しているそうです。これは弊社も例に漏れません。請求書の発行方法には色々ありますが、いまだに半分以上はエクセルやワードなどで請求書を作成しているそうです。3年前とデータは少し古いですが、なかなか衝撃的な調査結果をネット上で見つけました。

参考:請求書はどうやって作っていますか?|スモビバ

エクセル・ワード等 54.8%
手書き 19.4%
請求書作成ソフト 12.9%
クラウド型請求書サービス 12.9%

このアンケートでは、3/4の企業がエクセル・ワードや手書きで請求書を発行しているという事実。さすがに3年前のデータなので、もう少し手書きやエクセルが減っているかなと想像はできますが、それにしても手書きが20%弱あるというこの割合は衝撃でした。

そして半分以上を占めるエクセル・ワードでの運用ですが、当然のようにファイル紛失や削除、誤送信などのリスクがあります。このリスクはそのままクラウド化によって回避できるのですが、クラウドの話は後述します。例えば請求書のエクセルを複数人で管理しているような会社では次のようなリスクがあります。

 

    • Aさんが「201909請求書_(株)***01.xlsx」というファイルを作ったとします。
    • Bさんが間違いに気づき「201909請求書_(株)***02.xlsx」というファイルに直しました。
    • その後Aさんが伝票を見てさらに間違いに気づき、Bさんが直した箇所を参照しながら自分が作った請求書の必要箇所を直して「201909請求書_(株)***01.xlsx」に上書きをします。
    • 請求書の印刷を頼まれたCさんは、末番が新しい方が最新だろうと思い「201909請求書_(株)***02.xlsx」を印刷して取引先へ送ります。

この場合に最新版となるのは「201909請求書_(株)***01.xlsx」なのですが、取引先のもとへ届くのは「201909請求書_(株)***02.xlsx」になります。これは極端な例ですが、ファイルを複数人で管理することにはリスクがつきまといます。特に請求書のような重要なファイルでは尚更リスクが高まる訳です。

 

さらにエクセルのデメリットをあげるとすると、運賃交渉など何らかの要因で基本運賃や運賃の体系が変わった場合に、マクロや関数を組んでいると、それらを全て変更しないといけないという手間とリスクがあります。すんなり全部変えられれば良いですが、変更ミスや変更忘れが怖いと言わざるを得ないでしょう。

このため請求書業務もシステム化するメリットがある訳です。エクセルに比べて入力ミス・計算ミス・支払い条件の書き忘れなど、様々な失敗を減らすことが出来ます。当然、ミスが減れば修正する手間も同時に減るので請求書に関する業務の効率化が行えると言えます。

 

トラックメイトは前章で書いた運賃の計算結果を基に、荷主への請求書の発行が簡単に行うことができます。どれくらい簡単なのかというと、システム上で日報の入力を行うと、請求書の発行ができます。とても便利です。

トラックメイトでは請求書のフォーマットを、システム導入の際に打ち合わせをして個別に作成するという形をとっています。こんな形が良いというのが100%実現できるわけではない、という前置きをしておきますが(勝手なことを書くと後で営業に怒られそうなので、、、)ご希望に沿った請求書を作成することが可能です。

 

クラウドで一元管理にも対応

クラウドという仕組みをご存知でしょうか?いまではクラウド型のシステムやサービスもだいぶ普及してきており、そこかしこで目にする機会も増えてきたように思います。クラウドとはどんなものか。簡単に説明しておきます。

スマホやパソコンでグーグルマップという地図を見られるサービスがあります。このグーグルマップがまさにクラウドのサービスにあたります。昔は地図を見ようと思ったら「地図帳」を買って来て、ページを捲って目的地や周辺の道路を調べていました。グーグルマップではスマホやパソコンでインターネットを開くだけで地図の閲覧をすることができます。インターネットを通じて、実際にソフトやハード(この場合は地図帳)を買わなくても、サービスを受けることが出来る仕組みを、クラウドと呼ぶ訳です。

ちなみに弊社で開発・販売をしている【WEBドラサービス】もクラウド型のシステムになります。ドラレコが動画をクラウド上のサーバーに自動でアップロードしているため、オフィスからドラレコの映像が見れるという仕組みになっています。

クラウド型のメリットは特定のパソコンの中にデータを貯めるのではなく、サーバー上にデータを置いておくという仕組みをとっているところにあります。さきほど例にあげたような請求書作成の際のトラブルは、クラウド型のシステムが一元管理することによって解消されると言えるでしょう。もう1つ特長をあげるとすると、データが会社の誰かのパソコンに依存することがないので、災害やパソコンの故障でデータが丸ごとなくなるというリスクもない他、そのデータはいつでも閲覧することが可能です。

トラックメイトもこのクラウドを利用したサービスもご用意しております。クラウド版のトラックメイトのメリットとして、複数拠点で同一得意先へ別々の拠点で入力をしてもデータが同じになるので、請求書出力をスムーズに作成出来るほか、運賃表も一か所で登録を行えば複数の拠点で利用することができます。

また、車両台帳や乗務員の台帳ほかトラックメイトが保有するデータは社内サーバーや特定のPCにデータが残るわけではないので、機械の入れ替え等は比較的簡単に行うことができます。わかりやすいところで言うと、Windows7のサポート終了が2020/1/14に予定されており、こういったシステム類を導入するか否かを考える際のボトルネックになりがちなのですが、それに関しても心配する必要がないという訳です。

 

トラックメイトまとめ

トラックメイトの機能
・運賃の計算が出来る(用途に合わせた方法で計算可能)
・請求書の発行が楽に出来る
・車両の管理が出来る
・説明しきれない機能が他にもたくさん!
クラウド版トラックメイト
・データの紛失や消失の心配いらず
・過去のデータも楽に探せる
・複数拠点での情報の共有が出来る

 

トラックメイトの製品を詳しく知りたい方はこちら
https://www.tiger-inc.co.jp/trans-system/pro3/

 

もちろん、ここで挙げた以外の機能もトラックメイトには備わっており、この記事をきっかけに少しでも興味を持たれましたら、ぜひ一度お問い合わせをいただきたいと思います。
 

トラックメイトについて問い合わせる

クラウド型ドライブレコーダー管理システム

webドラサービス

ドライバーの行動把握、車両管理、事故防止に威力を発揮! 通信型ドライブレコーダーSamlyをパワフルに活用するクラウドシステムです。

詳しくはこちら >>

製品カタログデータを【無料】でダウンロード頂けます。

カタログダウンロード >>

  • 札幌支店011-874-5195
  • 名古屋支店052-961-9773
  • 大阪支店06-6201-3841
  • 広島支店082-243-6361
  • 福岡支店092-281-5138
  • 東京本社03-5283-7232
  • お問い合わせ・資料請求