【IT導入補助金2020】知っておきたいことまとめ

中小企業・小規模事業者に対してIT導入補助金が3月13日から公募開始しました。今回の1次公募は臨時公募という形になっており、新型コロナウイルス感染症の拡大による影響を緩和する対策という位置づけとなっております。

公募期間:2020年3月13日~2020年3月31日


 

IT導入補助金 1次公募(臨時)の留意点

 

公募の際の留意点は、下記リンクよりご確認いただけます。※1ページ目
IT導入補助金2020公募要領(1次公募(臨時対応))|IT導入補助金2020

大雑把にかみ砕くと以下のようになります。(※念のため公募要領の原文もご確認ください)

・今回の公募のルールは臨時のものなので、次に公募する時とは変わる可能性があります

・対象となるIT製品は【IT導入補助金2019】で登録されたものです

・本公募では、GビズIDプライムアカウントは必須ではないです(次回以降は必須)

・テレワークに取り組む会社が優先的に採択されます

・助成額の少ないA類型の申請が対象です(30万円~150万円が助成対象額)

・今回の臨時公募で補助金をもらったら、今回より後に行われる令和2年度の公募には申請できません

 

IT導入補助金を使える事業者

 

IT導入補助金を利用できるのは、日本国内で事業を行う中小企業、小規模事業者等となっています。弊社のメインのお客様となる運輸業はもちろんのこと、飲食、宿泊、小売り・卸、医療、介護、保育等の他にも建設業と製造業も対象となり、様々な業種の方が申請していただくことができます。また、個人事業主の方も可能のようです。対象となる企業と事業者の定義は、下記の表でご確認ください。

※表をクリック(タップ)で拡大

IT導入補助金2020公募要領(1次公募(臨時対応))|IT導入補助金2020
 

 

 

IT導入補助金の申請要件

 

申請要件は、下記リンクよりご確認いただけます。※5ページ目
主な要件を抜粋しました。(全文は原紙でご確認ください。)
IT導入補助金2020公募要領(1次公募(臨時対応))|IT導入補助金2020

・交付申請時点において、日本国において登録されている個人または法人であり、日本国内で事業を行っていること

・補助事業を通して取得したソフトウェア等を重要な資産として保護・管理するとともに、セキュリティ確保及び個人情報保護の観点を踏まえて、適切に情報を取り扱うこと

・交付申請に必要な情報を入力し、添付資料を必ず提出すること

・交付申請の際、1申請事業者につき、1つの携帯電話番号を登録すること(登録された携帯電話番号宛にSMSにて、申請に必要なパスワード等の通知を行う)また、登録された携帯電話番号に対し事務局からの連絡があった際には応じること。

・補助事業を実施することによる労働生産性の伸び率の向上について、1年後の伸び率が3%以上、3年後の伸び率が9%以上及びこれらと同等以上の、数値目標を作成すること

・交付申請の内容については、IT導入支援事業者を含む”第三者”による総括的な確認を受けること

・IT導入支援事業者と確認を行ったうえで、生産性向上に係る情報(売上、原価、従業員数及び就業時間)等を事務局に報告すること

・補助事業に係るすべての情報について、事務教区から国及び独立行政法人中小企業基盤整備機構に報告された後、統計的な処理等をされて匿名性を確保しつつ公表される場合があることについて同意すること


 

補助対象になるITツールについて

 

本事業で補助対象となるITツールは、複数の業務機能を組み合わせることで生産性の向上を図り、面的な効率化や事業拡大・連携を支えることを目的としたものが対象となります。なお、ソフトウェア以外にの機能拡張などの「オプション」や「役務」も補助の対象となります。
※下図参照。
※ハードウェアは補助対象外となるので、ご注意ください。

今回の公募の対象となるA類型では、上図の①~⑩の中から2つ以上のプロセスの組み合わせとなり、①~⑧のプロセスのうち最低でも1つ以上のプロセスを必ず含んでいるITツールを申請することが必要となります。上記を満たしていることを要件として「オプション」、「役務」に係る各経費も補助対象となります。

例:
OK「②決済・債権債務・資金回収管理」と「⑤業務固有プロセス」の組み合わせ
NG「⑨自動化・分析」と「⑩汎用」の組み合わせ

弊社の販売するソフトウェアの一覧は以下になります。1つのソフトで2つのプロセスを満たしている製品もございますので、組み合わせ等にお悩みでしたらご相談ください。
株式会社タイガー ITツール一覧|IT導入補助金2020

 

 

他社様の対象となるソフトウェアは「IT導入補助金2020 1次公募(臨時対応)用IT導入支援事業者一覧」よりご参照ください。
IT導入支援事業者一覧|IT導入補助金2020


 

補助額・補助率

 

補助下限額が30万円、補助率は1/2なので、補助対象経費が税抜きで60万円以上になれば補助金を申請することができます。
IT導入補助金2020 1次公募(臨時対応)においてはA類型のみの申請となります。B類型については、次回公募以降に受付実施予定となります。



 

IT導入補助金の使い方

 
1.IT導入支援事業者の取り扱う、業務に対応するITツールを検索する
2.IT導入事業者と相談の上、ITツールを決定し、補助金の申請(電子申請)を行う
3.交付決定の通知後に、契約・導入を実施する
4.支払い完了ののち、完了報告書を作成して提出する

 

IT導入補助金のスケジュール

 

交付申請期間:2020年3月13日(金)~2020年3月31日(火)17:00
事業実施期間:交付決定後~2020年9月30日(水)

交付決定は4月中旬を予定しているようです。仮に今回の1次公募にて不採択となってしまった場合には次回公募以降での交付申請が可能です。
次回以降の公募に関しては、情報が出次第にはなりますが本ページにおいて情報公開を行っていきますので、お待ちください。

クラウド型ドライブレコーダー管理システム

ドライバーの行動把握、車両管理、事故防止に威力を発揮! 通信型ドライブレコーダーSamlyをパワフルに活用するクラウドシステムです。

詳しくはこちら >>

製品カタログデータを【無料】でダウンロード頂けます。

カタログダウンロード >>

  • 札幌支店011-874-5195
  • 名古屋支店052-961-9773
  • 大阪支店06-6201-3841
  • 広島支店082-243-6361
  • 福岡支店092-281-5138
  • 東京本社03-5283-7232
  • お問い合わせ・資料請求