NTR遠隔

通信型ドライブレコーダーが売れているワケ

タイガーブログをご覧のみなさま、こんにちは。
いつも閲覧ありがとうございます。販売促進部の川井です。

今日はドライブレコーダー(以下、ドラレコ)のお話です。

今回は弊社の製品に限らず最近増えてきている「通信型」のドラレコ、こちらについて書いていこうと思います。東名高速での煽り運転などもあり、世間に幅広く認知されるようになったドラレコ。なぜ通信する必要があるのか、通信していると何がいいのか。

この記事を読んだらきっと通信型のドラレコ、欲しくなると思います。(その際は弊社製品をぜひ)

目次

通信型のドラレコとは何か?

通信型ドラレコの特長

 

通信型のドラレコとは何か?

ドラレコというとどういうものなのか、ここをご覧になる皆様はご存知だと思うので特別説明はしません。カメラがついててドライビングをレコードしてくれて、SDカードに動画が残るやつです。通信型と言うからにはどこかと通信をするんだろうなというのは想像つくと思うのですが、次の疑問が生まれてきますよね。

どこと通信をするのか、何を通信するのか、どうやって通信するのかここら辺が次のステップの疑問点なわけです。

まず、どうやって通信しているかというと、本体の中にSIMカードが入ってます。我々が使っているスマートフォンに刺さっているアレです。SIMによる通信先は、通信型ドラレコを販売しているメーカーが用意しているサーバーに接続されます。

ここで一つ疑問点が生まれます。自分がいつどこにいるか色んな人に見られていることになるのか、というところですよね。

そこはご安心ください。一般的には通信型ドラレコメーカーは接続先のサーバーは用意するものの、その中身までは閲覧しない契約になっています。車両が通信している情報を閲覧するのはあくまで、通信型ドラレコの契約者(利用者)側になります。例えば、会社の車に通信型のドラレコがついていたとすると、車両の管理者がそのドラレコの情報、および映像を管理できるという仕組みになっていて、オフィスにいながらにして、通信型ドラレコ搭載車がどこを走ってるかなどがわかったりします。

最後に、何を通信しているかですね。弊社製品以外も含めた一般的な通信型ドラレコでは、主に下記の情報がやりとりされています。(一部例外があるかもしれません)

・動態把握(車両の現在地)
・走行軌跡(走ったルート)
・車両動画(ドラレコのイベント動画)

ここに挙げたものは代表的なもので、他にも各社さんは色んな機能を持たせて発売していると思います。もちろんタイガーが販売しているSamlyも、これ以外に様々な機能を装備させてます。通信をしないドラレコではこれらの情報をSDカードに記録していますが、通信型ドラレコにおいては、これらの情報を送信しています。もちろん、非通信型ドラレコ同様にSDカードにも動画を記録しており、今まで通りの運用をしていただくことも可能としている機種が多いです。

 

 

通信型ドラレコの特長

ここまでで通信型ドラレコではどんなことが出来るのか、うっすらおわかりいただけたと思います。次は通信型ドラレコの特長を紹介していこうと思います。

 

SDカードがなくても動画が見れる

これ、些細なようで実はかなり便利なんです。想像してみてください。「あっ、ドラレコ動画みたい」と急に神のお告げが来たとします。しかし色んな邪魔者たちが、あなたが動画を見るのを阻んできます。

■動画を見たかった車がなくSDカード回収できませんでした怪人 危険度:☆☆☆
強さ自体は大したことないのですが、タイミングが悪いと全く歯が立ちません。退治方法は車が帰ってくるのを待つのみ、です。

■SDカードの規格違いました魔人 危険度:☆
こいつは対策をしておけば、強くありません。しかし、パソコンにSDカードの差し口はあるのに、SDカードがマイクロSDだったりする時に無類の強さを発揮します。USBマルチSDカードリーダーなどを買っておくと無力化できます。

■SDカード壊れてました大魔王 危険度:☆☆☆☆☆
かなり厄介です。一般的にドラレコのSDカードは消耗品と言われており、定期的に交換しないと正しくデータが記録されていない可能性がある、と言われています。せっかくつけたドラレコなので、重要なシーンはきちんと記録しておいて欲しいですよね。対策を打つとなると定期的にカードを交換するしかないのですが、SDカードも安くなったとは言え定期的に買うとなると痛い出費ですよね。非通信型ドラレコユーザーは、様々な角度からダメージを与えてくる大魔王にも備えておいていかないといけません。

非通信型ドラレコユーザーの方は、これらの邪魔者に苦しめられた経験がある方も多いんではないでしょうか。通信型ドラレコの前ではこれらの邪魔者はほぼ無力です。

通信型ドラレコは…

◆専用ソフト(orWebブラウザ)を開いてログインしたら、すぐに動画が見れる。わざわざSDカードを取りにいかないで済むので、ドラレコ動画確認がとってもです。※通信型ドラレコもSDカードがささっている機種がほとんどですが、肝心のSDカードがおかしくなったら、エラーが出たり通信が止まったりするので、すぐに気づくことができます。

◆通信型ドラレコのほとんどは、車両で何かイベントが起きた時の動画を通信で飛ばすという仕組みになっているので、見たい動画を探すのがかなりです。

 

車が今どこを走っているかわかる

前述のとおり、通信型ドラレコはSIMカードが入っていて通信を行っています。つまり、通信している車両の位置が把握できるようになっているんですね。

・急な依頼があって、近くの車を向かわせたい
・あと何分くらいで車両が目的地につくか確認したい

等々、車両の位置を把握することによって出来ることがグンと広がります。通信型ドラレコを適切に運用することによって、業務改善効率化を容易に計ることが出来る優れものなんです。

 


 

最後に、タイガーの通信型ドラレコを少しさせていただきます。タイガーの通信型ドラレコは、Samlyというドラレコ本体とWEBドラサービスというブラウザ上で動くアプリケーションにて構成されています。

◎1車両あたり300件のイベント動画を保存!
◎豊富な種類の帳票が出せるので、日々の業務を大幅に効率化!
◎ブラウザをクリックするだけで様々な情報を簡単閲覧!

他にも挙げ始めたらキリがないくらいの機能を備えています。以前の記事でお伝えした通り、イベント動画のAI解析サービスも開始しています。詳しくは下記の製品紹介ページからどうぞ。

 


<WEBドラサービス紹介ページ>


<Samly2紹介ページ>

クラウド型ドライブレコーダー管理システム

webドラサービス

ドライバーの行動把握、車両管理、事故防止に威力を発揮! 通信型ドライブレコーダーSamlyをパワフルに活用するクラウドシステムです。

詳しくはこちら >>

製品カタログデータを【無料】でダウンロード頂けます。

カタログダウンロード >>

  • 札幌支店011-874-5195
  • 名古屋支店052-961-9773
  • 大阪支店06-6201-3841
  • 広島支店082-243-6361
  • 福岡支店092-281-5138
  • 熊本営業所096-206-9556
  • 東京本社03-5283-7232
  • お問い合わせ・資料請求