IT点呼キーパーで実現できた、労働時間削減!【取材記事】

TDBCフォーラム2021のための取材をするべく東京都杉並区にあるTAKAIDOクールフロー株式会社へお邪魔してきました。現在、IT点呼キーパーを使い始めていただいているところで、その使用感や導入して良かったことなど色々なお話を聞きしました。
 
IT点呼以外にも福利厚生や社歌など、普段聞けないようなことまで聞いてきたのでぜひ最後までお読みください。


 

 

TAKAIDOクールフローとは

TAKAIDOクールフロー 相模原DC

インタビュアー:㈱タイガー 井上(以下、井上)
インタビューを受けた方:TAKAIDOクールフロー㈱下村様(以下、下村)、大野様(以下、大野)

井上:

本日はよろしくお願いします。早速ですが、TAKAIDOクールフロー様はどんな会社ですか?

下村:

当社は、関東圏内に6センターを構える低温流通食品の取り扱いに特化した総合物流企業でございます。
首都圏を網羅するアクセス至便な場所に24時間、365日入出庫可能な3温度帯管理の物流センターを構え、約200台に及ぶ2層式保冷車による配送を行っております。

井上:

TAKAIDOクールフロー様はTAKAIDO大学などのスキルアップ・キャリアアップのセミナーなどもあるそうですね。

下村:

TAKAIDO大学は新入社員から若手向けに、社会人の基礎や物流の知識を1年を通して学びます。

TAKAIDO大学を卒業した後にスキルアップの研修を年に3回受けます。さらにその後、階層別研修会というのがあり「副所長」や「所長」になるためのプラン、また「課長職以上」の経営層になるための研修プランがあります。

 

IT点呼キーパーの検討を始めたきっかけ

井上:

これはぜひ聞いておきたいのですが、IT点呼キーパーの検討を始めたきっかけはなんだったのでしょう。

下村:

運行管理者の労働時間が長くなってしまっていたのが一番の要員です。IT点呼を活用することによって労働時間の削減や、(運行管理者が)休日をきちんととれるようになる、と考えたのが大きいです。

井上:

やはり運行管理者を育てたり、採用するのは難しいですか?

下村:

運行管理者になるまでには時間がかかるし、なかなか育っていかないというのもあります。運行管理者を採用するというのも難しいです。

 

IT点呼キーパーを入れてわかった3つのメリット

井上:

IT点呼をいれて出た成果や、良かった点をお答えいただけますか。

下村:

まずは、ペーパーレスが実現できたのは大きいです。今までだと点呼表を印刷してその点呼表に間違いがないか確認していたのでそこの手間が省けたのと、紙を保管する場所を考えなくて良くなりました。

次に印鑑レスですね。点呼をした時にその場で押していたのですが、それがなくなって助かりました。

井上:

いま政府が印鑑レスを推し進めているというのもありますよね。あとは紙も保管するのに場所取りますからね。それだけでもかなりのメリットのように感じますが、他にもありますか?

下村:

運行管理者の労働時間削減という点で、非常に大きな効果があったと感じています。

我々は24時間動いている業種なので、夜間帯はどうしても人が少なくなります。運行管理者が点呼のために残らないといけないということがあったのですが、IT点呼導入によってその機会を削減することが出来ました。

運行管理者が営業所に不在であっても他拠点の運行管理者が点呼を行えるので、運行管理者を交代制にしてシフトを組むようにしました。各拠点の運行管理者の労働時間はだいぶ短くなりましたね。

 

IT点呼キーパーの望外の効果やコロナ対策について

井上:

IT点呼キーパーを導入して期待していた以外の効果ってありますか?

下村:

ドライバーさんの点呼に対する意識が変わったというのがあります。対面だけでしかやっていなかったので、画面上で他拠点の運行管理者との点呼になるため、新しい緊張感が生まれてしっかり点呼をやるという意識が芽生えていると思います。

井上:

今こんな状況ですが、コロナ対策になったと感じる部分はありますか?

下村:

IT点呼を活用することによって、人との接触機会が減るのでそういった意味ではコロナ対策になったと感じる部分ではありますね。

 

逆質問!IT点呼キーパーの面白い使い方ってありますか?

突然の逆質問に狼狽えつつ答える弊社井上

下村:

タイガーさん、IT点呼キーパーを導入している他社さんで面白い使い方をしている例とかありますか?

井上:

いきなりきましたね笑
弊社の営業マンに聞いたのですが、IT点呼キーパーをIT点呼として使わず、対面点呼として使う、というのがあります。
どういうことかというと、管理側はPCを見てサブディスプレイをドライバー側に向けて、お互いの間に飛沫防止用のカーテンを設置します。これにより飛沫感染を防ぐコロナ対策をしているそうです。

 

TAKAIDOクールフロー 今後の展望

井上:

会社としての今後の展望をお聞かせください。

下村:

今現在、IT点呼キーパーを2拠点で使っていますが、それ以外の拠点でもGマーク申請中なので、取れ次第導入していきたいと考えています。そうした中で、運行管理者の労働時間の削減を全拠点で実現してきたいです。

また、これから入られる新しい方々へ向けて、働きやすい環境を整えていきたいと考えています!

 

編集部:TAKAIDOクールフロー様、お忙しい中どうもありがとうございました!

 

※番外編 社歌に隠された秘密!

TAKAIDOクールフロー様が受賞された第一回NIKKEI全国社歌コンテスト

井上:

「あなたの笑顔が好きだから」という社歌がありますね。とてもポップな曲ですが、なんでも社長様が歌詞を考えられているそうですね?

下村:

そうなんです。JOYSOUNDさんで歌えますね笑

大野:

通常バージョンとアップテンポバージョンの2パターンあります。

以前にJOYSOUNDさんで半年だけ配信される企画に乗っかって、配信されたことがあるんですが、その時は強制カラオケ大会でした。

一同:笑

下村:

「あなたの笑顔が好きだから」を誰が一番うまく歌えるかということをやっていました笑

大野:

そこで優勝しました笑 カラオケが配信される前は、曲だけを流してペアで歌うなんていうこともやっていました。

(編集部注:今では永久配信のようです)

井上:

社歌の話題には事欠かないですが、電話の保留中も流れるんですよね?

大野:

サビに入る前の部分で「お待たせしました」と電話に出ると「なんで今出るの」って怒られることがあります笑 電話に出たら歌ってる方とかもいますね笑 保留以外でも全センター、1日3回曲が流れます。

下村:

あとは倉庫の乗車型掃除機でも運転中ずっと社歌が流れたりします。

井上:

YouTubeみた時にPVがあることになんじゃこりゃ、とびっくりした記憶があります。

大野:

今のPVは第二段ですね。社名が変わる前(高井戸運送時代)に第一弾を作っていて、その頃はオレンジ色の制服でした。2017年に社名が変わって車にも今の社名のロゴを入れて、PVもその時にリニューアルしました。

変わらないのは第一弾も第二段も動画のメイン(最後の方)に台車を押して下村さんが駆け抜けて行くシーンですね。

下村:

そこだけは譲らないです!!!

大野:

会議でやりたい人を募った時に、下村さんが物凄い勢いで挙手したっていう逸話がありますね笑
 

取材終了後、SNS用に撮影した弊社井上(左)とTAKAIDOクールフロー下村様(右)。神保町の亀澤堂のどら焼きを片手に。緊張が解けたのか2人とも実に良い表情でした。

 

TAKAIDOクールフロー様のTwitterアカウントからも取材の模様をご投稿いただきました!

クラウド型ドライブレコーダー管理システム

ドライバーの行動把握、車両管理、事故防止に威力を発揮! 通信型ドライブレコーダーSamlyをパワフルに活用するクラウドシステムです。

詳しくはこちら >>

WEBセミナー・展示会の情報はこちら

毎月発行、大反響のメールマガジン
【とらマガ】の登録はこちらから

運賃請求、車両管理ならトラックメイト

製品の詳細な紹介資料からドラレコ活用方法まで【無料】でダウンロード頂けます。


資料ダウンロード >>

製品カタログデータを【無料】でダウンロード頂けます。

カタログダウンロード >>

  • 札幌支店011-874-5195
  • 名古屋支店052-961-9773
  • 大阪支店06-6201-3841
  • 広島支店082-243-6361
  • 福岡支店092-281-5138
  • 東京本社03-5283-7232
  • お問い合わせ・資料請求