業務用アルコール測定器の秘密。飲酒運転ダメ絶対!

 

こんにちは。今回のブログ担当は井上です。年末になっていよいよ、忘年会シーズンになりましたね。

忘年会といえば、お酒。お酒といえば、アルコール測定器です。運輸運送業の世界では出庫前、帰庫後のアルコール測定が義務付けられています。

皆さんもアルコール測定器の存在くらいはご存知だと思いますが、義務化されているので当然ですが、運輸運送業では業務用アルコール測定器をお持ちのお客様が沢山いらっしゃいます。

今回は業務用アルコール測定器の登場から大まかな仕組みと関連する法律のお話をしたいと思います。

 

==目次==
1.アルコール測定器とは
2.業務用と市販用アルコール測定器の違い
3.こんな食べ物にアルコール含まれています
4.酒酔い運転と酒気帯び運転

 

1.アルコール測定器とは

呼気式アルコール測定器とは、簡単に説明すると呼気に含まれているアルコールを測定器が数値化して表示してくれる機器を指します。正確なアルコール濃度を測りたいのであれば、医療機関に行って血液を採取して血中アルコール濃度を計測すれば正確な数値を出すことはできますが、物理的にもコスト的にも現実的ではありません。

 

ということで、市販品でも、業務用途向けでも通常は呼気式が一番ポピュラーな測定方式になります。

 

呼気式アルコール測定器は次のような仕組みで数値検出をしています。まず、血中に入ったアルコールが肺を通って呼気として吐き出されます。血中1リットル当たりのアルコール重量の1/2100が、呼気1リットル当たりに含まれるアルコール重量とほぼ同じ数値になります。これを『ヘンリーの法則』と呼び、一般的にはこの数式に従いアルコール濃度を換算しています。

 

また、アルコールセンサーには主に半導体センサー方式と燃料電池センサーがあり、違いはアルコール濃度の計測方法にあります。

半導体ガスセンサーは呼気がセンサーに触れることでセンサー表面に電気抵抗が生まれます。この電気抵抗値をアルコール濃度に変換します。

それに対して燃料電池センサーは呼気に含まれるアルコールがセンサーに触れると電気を発電します。生成された電気量をアルコール濃度に変換するのが燃料電池センサーの特長です。

因みに半導体ガスセンサーは市販品では多く採用されています。ただし、デメリットもあり呼気に含まれるアルコールに近い成分に反応しやすいという欠点があります。

その点で言うと、燃料電池センサーはほぼアルコールにしか反応しないという特長を持っています。そのため、業務用のアルコール検知器で多く採用されている仕組みになります。

半導体ガスセンサーが市販品で多い理由は安価なことにあります。市販品は使い切りという前提で作られている製品なのでその点は仕方がないところは正直ありますが、運輸業では許されないためこの辺の対策も実はされていたります。次の章ではその辺を解説していきたいと思います。

2.業務用と市販用アルコール測定器の違い

業務用と市販用のアルコール測定器には決定的な違いがいくつかあります。

①高耐久であること

アルコール測定ができなくなると非常に困ります。そのため、業務用途向けのアルコール測定器は高耐久に作られています。アルコールセンサーには賞味期限みたいなものがあり、業務用の場合半年~1年程度のサイクルでセンサー部分の交換があります。

 

これを「校正」とメーカーは呼んでいますが、測定器の精度を維持するために定期的なメンテナンスが必要になります。

 

市販品の場合はこの定期メンテナンスが無いため、気が付くとアルコール測定ができなくなっていることもあります。市販品は定期的に買い替えが必要なので覚えておきましょう。

 

②繰り返し再現性の高さ

繰り返し再現性とは一定のアルコール濃度を含んだガスをアルコール測定器に何度も吹きかけてほぼ同じ数値が出るかどうかのテストをする場合に使われます。何度、吹いても同じ結果が出る精度が大事なのです。実はガスセンサーというのは作ること自体は誰にでもできます。それこそ、当ブログをお読みの皆様でもできるくらい簡単な仕組みです。

 

薬液を触媒となる紙に浸して、金属のカプセルに入れたら完成です。

 

ね?簡単でしょ?

 

でも、本当の難しさは安定した数値を長期間に渡り安定的に出し続ける再現性の高さにあります。この辺は業務用途向けのメーカーも様々な研究やノウハウを積み上げて繰り返し再現性の安定を図っています。

 

③記録が残ること

これは製品によっては記録が残らない物もあるので、必ずしも「業務用」に括れるものではないのですが、大体の場合は測定結果を記録する機能が搭載されています。記録が残る製品には以下のようなタイプの製品に分類されます。

プリンタータイプ

業務用と向けで記録が残るものだとプリンタータイプが一般的です。恐らく、運輸業界市場に最も普及しているシンプルな仕様のものだと思います。

最近だとプリンタータイプに顔写真撮影機能が搭載されているものや、IC免許証のリーダーが内蔵されているタイプのものもあります。この製品の特長はやはりセットアップの手間なども少ないのでお手軽にできるところだと思います。

サンコーテクノ製『ALC-Face』

東海電子製『ALC-MiniⅣ』

 

この手の製品を使っている運輸業の管理者はミニプリンターから出力された紙を点呼記録簿と一緒に保管するなどの管理方法を採用しています。

モバイルタイプ

スマホとアルコール測定器を有線もしくは無線で接続してアルコール測定結果をメールで送信したり、クラウドサーバ上に記録を残すなどの使われ方が多いです。

最近だとテレビ電話機能がついていて、そのままドライバーの点呼業務などに使われることもしばしば。

サンコーテクノ製『ALC Gardian mobile』

東海電子製『ALC-MobileⅡ』

 

モバイル系の製品は運輸業だと主に中間点呼(出庫から帰庫が3日以上の長距離運行時)などに使われます。遠隔地での点呼はドライバーの顔が見える方がベターです。特にテレビ電話機能が付いているとコミュニケーションがとれるし、顔色なども分かるので健康状態の把握などもできるのでおすすめです。

 

パソコン連動タイプ

専用マウスピースで息を吹き込むだけで高精度にアルコール測定。

アルコール測定器

こちらも業界的な意味で言うと、とてもポピュラーです。このタイプのものは大体の場合はカメラが付属しており、測定者の写真を撮ります。要は別の人が吹いて飲酒を誤魔化したりすることを防ぎます。

このタイプの製品は単純にアルコール測定をするだけではなく、遠隔地の営業所とインターネット回線を経由して接続し、テレビ電話機能を搭載したタイプの製品も多数あります。これをIT点呼と呼びます。

例えば、夜間に運行管理者がいない営業所では、同じ会社の別営業所の運行管理者にこのIT点呼を使って、アルコール測定結果は勿論、顔色(体調)や身だしなみ、運行経路の確認、注意事項などを伝えて点呼を行うことが可能です。因みに、IT点呼を含む意味での製品だと以下のようなものがございます。

サンコーテクノ製『ガーディアンネット』

東海電子製『Tenko-PROⅡ』

テレニシ製『IT点呼キーパー』

写真や動画を撮るだけではなく免許証の傾向確認や、血圧測定、顔認証など様々な健康関連機器や個人認証機器と連動するものもオプションとしてポピュラーだったりします。

 

3.こんな食べ物にアルコール含まれています

ご存知ない方も多いと思うのですが、意外とアルコールの含まれている飲食物って結構あるんです。

 

代表的なものを以下に記載していきたいと思いますのでご確認ください。

・パン
・味噌汁
・栄養ドリンク
・口腔洗浄剤(ブレスケア的なもの)

 

パンやみそ汁は意外な感じがしませんか?実は、パンやみそ汁は酵母菌が入っている兼ね合いでごく微量ではありますがアルコールが含まれています。なのでパン・味噌汁を飲食直後は必ずアルコール反応がでます。

後、栄養ドリンクも血行を良くするために微量ですがアルコールが入っているものもあります。製品の成分に依存するので必ず入っているわけではないのでその辺はご留意ください。

最後に口腔洗浄剤と言われるブレスケアするタイプのものにも、口内を消毒するためにアルコールが含まれていることが多いです。因みに最近はアルコールが含まれていないタイプの口腔洗浄剤もあるようです。

このようなものでアルコール測定器が数値を検出してしまうことがありますが、5~15分程度の時間を空けることで揮発するのでアルコール測定して数値が出てしまっても慌てずに、時間を空けてから再測定することで飲酒以外でのアルコール反応は除去することが可能です。

他にもアルコール反応の出る食品類は沢山あるのですが、きりがないので割愛いたします。でも、要点は分かったと思うので覚えておいてください。

 

4.酒気帯び運転と酒酔い運転

皆さんが少し誤解をしている可能性がある内容を紐解いていきたいと思います。

 

ということで、問題です。「飲酒運転をしていた場合にアルコール濃度が0.15mg/l未満であれば捕まることはない。〇か×か?」

 

正解は…。

 

「×」です。

 

大分昔であれば「〇」でしたが、現行の法令では基本「×」になる可能性が高いと覚えておいてください。飲酒運転で捕まった場合に2つの法令がまず適用される可能性があります。それが、「酒気帯び運転」「酒酔い運転」です。こちらの解説をしていきたいと思います。

①酒気帯び運転

酒気帯び運転とはアルコールが体内にどのくらい残っているかで、「違反かどうかの判断」と「違反点数の判定」に使われる法令です。

アルコール濃度              違反内容
0.15mg/l未満           違反なし
0.15mg/l~0.25mg/l未満  点数:13点(免許停止) 
0・25mg/l以上            点数:25点(免許取消)
上記に加えて、0.15mg/l以上は3年以下の懲役、もしくは50万円以下の罰金が科せられます。

 

アルコールが0.15mg/l以上だと、確実に一発免停です。それどころか免取もあり得ます。免許取消も一度受けると欠格期間2年となるのでしばらく免許証を取得することができなくなります。

でも、0.15mg/l未満だと、何の違反にもなりません。極端ですよね?これだけ見ると先のクイズの答えは「〇」になりそうですが、そうは問屋が卸しません。

 

②酒酔い運転

こちらは数値とは関係なく、アルコールにより正常な運転ができないと判断された場合に適用される法律です。つまり「酔っている」と警察官に判断されると適用されるので、アルコール数値は全く関係なく捕まることがあります。何故、アルコール数値と関係なく判定が下されることがあるのでしょうか?

 

これには皆さんが間違いなく誤解をしている事実が一つあるのです。

 

「酔っている状態とアルコールの分解能力は無関係」

 

ということです。アルコールが完全に分解された状態でも酔っている状態の時もあるし、逆にアルコールは分解されていないのに酔いが醒めた(ような)状態もあり得ますアルコールの分解能力は残念ながら鍛えることができません。肝臓というのはそういう臓器なのです。よく、お酒に弱い人が飲み続けたら酔わなくなったみたいな話を聞くことがありますが、それは酔いに対しての慣れが出てきただけでお酒に強くなったわけではないのです。

 

つまり、アルコールが抜けていても正常な運転ができない、つまり酒に酔った状態と判定されれば罪に問われるということなんです。因みに酒酔い運転が適用されると以下の処分が下されます。

行政処分:35点 刑事罰:5年以下の懲役もしくは100万円以下の罰金
免許証の欠格期間:3年

 

上記のように飲酒運転をしても何も良いことはありません。不幸になるだけということは覚えておいてください。法令という意味では、以前に書いたブログに危険運転致死傷罪と過失運転致死傷罪の記事を書かせていただきましたが、この法令が作られたきっかけは、飲酒運転による不幸な事故でした。

交通事故から学ぶ罪の重さ

今や飲酒運転は社会悪です。忘年会に参加される場合は必ず徒歩で来て、参加することを徹底していただければと思います。

 

「飲んだら乗るな、乗るなら飲むな!」

 

ですよ。ということで、失礼いたします。

 
 

 

クラウド型ドライブレコーダー管理システム

webドラサービス

ドライバーの行動把握、車両管理、事故防止に威力を発揮! 通信型ドライブレコーダーSamlyをパワフルに活用するクラウドシステムです。

詳しくはこちら >>

製品カタログデータを【無料】でダウンロード頂けます。

カタログダウンロード >>

  • 札幌支店011-874-5195
  • 名古屋支店052-961-9773
  • 大阪支店06-6201-3841
  • 広島支店082-243-6361
  • 福岡支店092-281-5138
  • 東京本社03-5283-7232
  • お問い合わせ・資料請求