NTR遠隔

  • 特長/機能
  • 動作環境/価格
  • FAQ
  • 燃料サーチャージ
  • 連動オプション
運輸・運送業務を総合的に管理できるソリューションシステム。
請求・傭車・車両・乗務員管理を一元管理。
運送業に特化した充実の機能性と抜群の操作性で効率的に運用できます。
特長

1.パソコン1台から会社の規模に応じた幅広い利用が可能
(LAN/WAN/ クラウド)。
2.運輸・運送業の特殊な業務に対応した多彩な機能を満載。
3.運輸業界独自の煩雑な請求処理をトータルサポート。
4.見慣れた運転日報をイメージした入力画面で効率的な事務処理。
5.3種類の接続認証で万全のセキュリティ。
6.クライアントごとの権限設定で重要データを保護することが可能。
7.配車管理・デジタコ連動・タブレット端末接続などオプション機能も充実。

機能
  • 請求処理
  • 営業所別売上管理
  • 車両経費管理
  • 傭車管理
  • 乗務員実績管理
  • 入金予定管理
  • 運賃自動計算機能
  •  等
運転日報をイメージした簡易な入力画面

車両台帳画面

日報入力画面

入金入力画面
業務実体にマッチした運用が可能
※図は運用の一例です トラックメイトPro/S
トラックメイトPro/S構成
トラックメイトPro/クラウド
トラックメイトPro/WAN
接続方法 LAN
スタンドアロン
インターネット回線 専用線,IP/VPN等インフラ
運用例
  1. 1つの営業所で1人で利用
  2. 1つの営業所で複数で利用
  1. 1つの営業所で1人で利用
  2. 1つの営業所で複数人で利用
  3. 複数営業所で複数人で利用
  1. 複数営業所で複数人で利用
データ保管 自機・自社サーバー データセンター(タイガー提供)でデータを管理 自社サーバーでデータを管理
拠点数 1拠点 1~複数拠点 複数拠点
利点
  1. 回線などの環境に左右されることなく手軽に利用できる
  2. スタンドアロン(他の機器と接続しない環境)で使用する場合、情報流出のリスクが低い
  1. 全社で情報を共有できる
  2. 複数営業所でデータに同時に接続して利用ができる
  3. インターネット環境があれば、どこからでもデータを共有できる
  4. 導入が容易
  1. 全社で情報を共有できる
  2. 複数の営業所でデータに同時に接続して利用ができる
  3. 現在使用中の自社サーバーを利用できる(※1)
注意点
  1. 自社でデータを管理する必要がある
  1. インターネット回線の環境に影響される(環境によっては速度が出ないことがある)
  1. 自社でデータを管理する必要がある
  2. ASPと比べて費用がかかる

3種類の接続認証でセキュリティも万全

○加入者認証キー(HASPキー)
HASPキーに記録されたユーザー個別の情報と認証データベースを照合し、使用できるデータベースを特定いたします。
※HASPキーが無いとアプリケーションの利用はできません。

○接続先・データベース認証
契約後にご案内する「接続先/データベース名/ユーザーID/パスワード」により接続が可能となります。

○ログイン認証
貴社が設定したIDとパスワードによって、アプリケーション起動時にログインすることができます。

動作環境

本システムを利用するために必要なハードウェア、ソフトウェアの構成は以下の通りです。

  • .NET Framework4.6.2に対応
  • 各OSは、32bit/64bit対応
  • タブレットモードは非対応
  • UWPアプリではありません
  • 複数クライアントでサーバーを使用する場合は、サーバー専用機およびサーバー専用OS(Windows Server 2008R2以降)の使用を推奨
  • スタンドアロンもしくはピアツーピア親機として利用する場合は、OS標準機能であるIISのインストール必須
  • リモートデスクトップ接続については、担当営業にご相談ください
クライアント(子機) サーバー(親機)
OS Microsoft®Windows® 10
Microsoft®Windows® 8.1
Microsoft®Windows® 7 SP1
Microsoft®Windows®Server 2016
Microsoft®Windows®Server 2012 R2
Microsoft®Windows®Server 2012
Microsoft®Windows®Server 2008 R2 SP1
ディスプレイ 1024×768ドット以上表示可能なもの
プリンタ 上記OSで使用可能なプリンター(B4以上を推奨)
データベース(オンプレミスの場合) Microsoft® SQL Server 2014 SP1~
Microsoft® SQL Server 2016 SP2~
その他 CD-ROMドライブ(インストール時に必要)
USB空き×1必須(トラックメイト利用時)
NET Framework4.6.2以降
IIS必須(オンプレミスの場合)
.NET Framework4.6.2以降
IIS必須
デジタコ連動オプション
矢崎エナジーシステム株式会社 富士通株式会社
デジタルタコグラフ DTG1~DTG5、DTG7 MBCD/standard、MBCD/communications、MBCD/basic
DTS-C1、DTS-C1D、DTS-D1D、DTS-F1A
必須ソフトウェア 【DTG1~4】
デジタコ後方管理システム「TRAFFICS2」
【DTG5、DTG7】
後方支援クラウドシステム「ESTRA-Web」
【MBCD】
運行拡張ミドルウェア(ITP運行支援システム)または上位連携オプション
【DTS-C1、DTS-C1D、 DTS-D1A、DTS-D1D】
クラウド型運行支援サービス「ITP-WebServiceV2」
開発元 株式会社インターフェイスロジテム 株式会社トランストロン

※デジタルタコグラフは、矢崎エナジーシステム社製と富士通社製に対応します。
※デジタルタコグラフの型式によっては、連動できない場合もございますので弊社担当者までご相談ください。
※連動オプションを利用するためには上記の必須ソフトウェアが必要となります。
※その他「トラックメイトPro3」に連動するためのオプションや最新版へのアップデートが必要となります。詳しくは弊社担当者までご相談ください。

トラックメイトの価格

トラックメイトPro/S
標準価格(税抜) 備考
トラックメイトPro/S(スタンダード) ¥800,000 スタンダードは、1拠点でLAN環境で使用するものをいいます。1クライアント含む




クライアント追加 ¥100,000 /クライアント
LANで利用する場合の追加クライアントライセンス
配車オプション ¥300,000
簡易労務管理オプションオプション ¥150,000 /1会社
「Pro3」と「配車Pro」同時使用時はPro3の料金のみとなります
デジタルタコグラフ連動オプション ¥300,000 デジタルタコグラフ連動版は、デジタルタコグラフ用の事務所側ソフトが別途必要です。
下表のソフトをご利用でない場合は別途ご購入いただく必要があります。
営業所スタンドアロン ¥400,000 営業所で単独使用のライセンス。
1クライアント含む
営業所スタンドアロン
配車オプション
¥150,000 /1拠点
営業所スタンドアロン
簡易労務管理オプション
¥50,000 /1拠点
営業所スタンドアロン
デジタルタコグラフ連動オプション
¥100,000 /1拠点
リモートデストップ
接続対応オプション
¥50,000 /クライアント
リモートデストップ接続対応オプションは、タブレット端末からのリモートデスクトップ接続も可能となります。ただし 別途、リモートデスクトップ接続する対象のパソコンが必要です。
トラックメイトPro/WAN
標準価格(税抜) 備考
トラックメイトPro/WAN ¥2,000,000 WAN版は、5クライアント以上で複数営業所が存在しMicrosoft® SQL Server 2008 SP2以上を使用するものをいいます。1クライアント含む




クライアント追加 ¥100,000 /クライアント
LAN・WANで利用する場合の追加クライアントライセンス
配車オプション ¥500,000
簡易労務管理オプションオプション ¥300,000 /1会社
「Pro3」と「配車Pro」同時使用時はPro3の料金のみとなります
デジタルタコグラフ連動オプション ¥300,000 デジタルタコグラフ連動版は、デジタルタコグラフ用の事務所側ソフトが別途必要です。
下表のソフトをご利用でない場合は別途ご購入いただく必要があります。
営業所追加 ¥400,000 /1拠点 WANで利用する場合の追加拠点ライセンス。1クライアント含む
デジタルタコグラフ連動オプション営業所追加 ¥100,000 /1拠点
リモートデストップ
接続対応オプション
¥50,000 /クライアント
リモートデストップ接続対応オプションは、タブレット端末からのリモートデスクトップ接続も可能となります。ただし 別途、リモートデスクトップ接続する対象のパソコンが必要です。
その他パッケージ製品 初期費用
内容 標準価格(税抜) 備考
運用講習料パック ¥250,000 (6回訪問まで)
運用講習料スポット ¥50,000 営業所などにスポット対応する場合に必要です。
デジタコ連動運用講習料スポット
(1回あたり)
¥50,000 デジタコ連動する場合に必要です。
初期設定料 ¥50,000 システムインストール、請求書フォーム1書式、初期ファイル設定を行います。
デジタコ連動初期設定料 ¥50,000 初期ファイル設定を行います。
サーバーセットアップ料 ¥500,000 サーバー設定、システムインストール、初期ファイル設定を行います。
営業所セットアップ料 ¥100,000 営業所のルータやネットワーク設定
クライアント初期設定料 ¥30,000
簡易労務管理オプション初期設定料 ¥50,000 /1拠点
JJSマスタコンバート料 ¥50,000
SQL Server OPEN Microsoft® SQL Server 2008 SP2以降
年間保守料
内容 標準価格(税抜) 備考
P
r
o
/
S
標準ソフト保守料 ¥72,000
配車オプション保守料 ¥24,000 運用講習料パック利用の場合は、2年目からソフト保守料が発生します。
デジタコ連動オプション保守料 ¥24,000
簡易労務管理オプション保守料 ¥15,000
営業所スタンドアロンソフト保守料 ¥36,000 /1拠点
営業所スタンドアロン
簡易労務管理オプション保守料
¥7,500 /1拠点
追加クライアントソフト保守料 ¥12,000 /クライアント
W
A
N
本社ソフト保守料 ¥240,000 運用講習料パック利用の場合は、2年目からソフト保守料が発生します。
簡易労務管理オプション保守料 ¥30,000
営業所追加ソフト保守料 ¥36,000 /1拠点
営業所追加
簡易労務管理オプション保守料
¥4,500 /1拠点
追加クライアントソフト保守料 ¥12,000 /クライアント
トラックメイトPro/クラウド
初期一時金
サービス内容 標準価格(税抜) 備考
加入一時金(必須) ¥100,000 ご導入時に加入一時金を頂戴し、お客様のデータセンター環境整備を行います。
インターネット接続代行 ¥30,000 インターネット接続をされていないお客様は、ご要望により接続作業の代行を行います。インターネットプロバイダの加入契約のご相談も承ります。
操作指導料(1回) ¥50,000 PC設置・設定・動作確認含む
「トラックメイトPro」はマニュアルをご提供しておりますが、インストラクターによる出張操作指導をご要望により承ります。
操作指導料3回パック ¥120,000
操作指導料5回パック ¥200,000
簡易労務管理オプション初期設定料 ¥50,000 /1拠点
デジタルタコグラフ連動運用講習料(1回) ¥50,000 デジタルタコグラフ連動する場合に必要です。
デジタルタコグラフ連動初期設定料 ¥50,000 デジタルタコグラフ連動する場合の初期ファイル設定を行います。
月額利用料金
サービス内容 標準価格(税抜) 備考
標準版月額利用料 ※1 ¥19,000 /会社 1クライアント接続ライセンス含む




クライアント追加接続ライセンス ※2 ¥2,000 /クライアント
配車オプション月額利用料 ※3 ¥5,000
簡易労務管理オプション ¥2,500
デジタルタコグラフ連動オプション ¥5,000 デジタルタコグラフ連動版には、デジタルタコグラフ用の事務所側ソフトが別途必要です。下表のソフトをご利用でない場合は別途ご購入いただく必要があります。
営業所追加接続ライセンス ※4 ¥7,000 /拠点 1クライアント接続ライセンス含む
デジタルタコグラフ連動
オプション営業所追加
¥1,000 /拠点
電話サポート追加ライセンス ※5 ¥4,000 /人
リモートデストップ接続対応オプション ※6 ¥1,000 /クライアント
※1
標準版月額利用料には、1クライアント分の接続ライセンスと電話・mailによるソフトウェア保守が含まれています。コールセンターで専任オペレーターがお客様のお問い合わせに回答します。
※2
複数のクライアントでご利用いただく場合、標準月額利用料に追加クライアント接続台数分が加算されます。標準版月額利用料には、1台分のクライアント接続ライセンスが含まれています。
※3
受注入力・配車板入力機能をご利用いただく場合に、標準月額利用料に加算されます。
※4
本社以外の支店・営業所でご利用いただく場合に、標準月額利用料に加算されます。
※5
電話・mailによるソフトウェア保守を複数の担当者様でご利用いただく場合に、標準月額利用料に追加する担当者様人数分が加算されます。
※6
リモートデストップ接続対応オプションは、タブレット端末からのリモートデスクトップ接続も可能となります。ただし 別途、リモートデスクトップ接続する対象のパソコンが必要です。
デジタルタコグラフ側で必要なソフト
商品名 標準価格(税抜) 備考





TRAFFICS2 ¥450,000 矢崎エナジーシステム:インターフェイスロジテム社製
TRAFFICS2-DBアクセスDLL ¥100,000
TRAFFICS1→TRAFFICS2バージョンアップ ¥200,000
DTG5 デジタルタコグラフ 後方支援クラウドシステム
「ESTRA-Web」月額利用料
¥2,300/車両
運行支援システム MBCD/ITP V1 ¥440,000 富士通:トランストロン社製
運行支援システム MBCD/ITP V2 ¥500,000
上位システム連携オプションV1
(デジタコデータ出力ソフト)
¥110,000
上位システム連携オプションV2
(デジタコデータ出力ソフト)
¥125,000





クラウド型運行支援サービス
「ITP-WebService」月額利用料
¥2,360/車両
クラウド型運行支援サービス
「ITP-WebService」上位連携オプション
月額利用料
¥200/車両






管理クラウドサービス
「ITP-WebService V2」月額利用料
¥2,690/車両
管理クラウドサービス
「ITP-WebService V2」上位連携オプション
月額利用料
¥200/車両

※詳細については、担当営業にご相談ください。

FAQ

  • 入力について
  • 請求書について
  • 管理帳票について
  • サポートについて
  • その他
全て開く | 全て閉じる
  • 1. 入力画面の項目が多すぎて見にくい
     

    表示されているのは最も多い場合の項目数です。お客様のご利用される項目だけを表示することができます。各項目の名称もお客様のご要望にあわせて変更いたします。

    最大数表示

  • 2. うちの会社は手当て項目や割増項目がたくさんあるのだけど
     

    手当て項目は最大で10まで、割増運賃項目は最大で6つまで設定することができます。
    それぞれの項目は、数値・時間・小数1・小数2・小数3の異なったタイプに設定することができます。
    また、項目名は自由に名称を変更することができます。

  • 3. 項目に独自の呼び方があるのだけれど、変更できる?
     

    項目名は自由に名称を変更することができます。

  • 4. 日付は和暦の方が都合いいのだけど
     

    西暦・和暦の選択を行うことができます。

  • 5. 運賃の自動計算はできる?
     

    運賃の自動計算は得意先ごとの設定が可能で、商品マスタ,運賃表マスタ,常傭計算マスタを使った3種類の計算方法から選択します。

  • 6. 日極・月極で得意先と運賃契約を結ばれているケース(チャーター契約)での自動計算はどうするの?
     

    常傭計算マスタに登録された運賃を参照して、日報入力画面に運賃を表示します。車両または車種をキーにして、基本運賃と時間割増と距離割増を設定することができます。

  • 7. 4トン車で精密機器を運ぶ場合、 ・運送距離が50キロ未満なら、¥35,000 ・50キロ以上80キロ未満なら、¥45,000 ・それ以上なら、¥55,000 という運賃契約を結んでいるときの計算はどうすればいいの?
     

    運賃表グループマスタと運賃表マスタに登録されたグループと単価を参照して、日報入力画面に運賃を表示します。

    運賃表グループマスタの「実車キログループマスタ」で次のような実車キログループを作成します。
    [下限:0km 上限:49km][下限:50km 上限:79km][下限:80km 上限:9999km]

    運賃表マスタに[車種][実車キログループ]を条件とする運賃表を定義します。

     

    車種 実車キログループ 運賃
    4トン車 [下限:0km 上限:49km] 35,000円
    4トン車 [下限:50km 上限:79km] 45,000円
    4トン車 [下限:80km 上限:9999km] 55,000円
  • 8. 得意先ごとの運賃設定はできる?
     

    運賃は車扱いタイプと常傭タイプの2つの運賃体系が利用できます。

    車扱いタイプでは、以下のような項目条件の組み合わせで運賃表が作成できます。得意先毎に作成した運賃表を割り当てます。

    [品名1コード] [品名2コード] [発地コード] [着地コード] [車種コード] [単位1コード]

    [品名1グループ] [品名2グループ] [発地グループ] [着地グループ] [車種グループ]

    [数量1グループ] [数量2グループ] [実車キログループ]

    常傭タイプでは、複雑な運賃体系にも対応します。得意先ごとに車両又は車種で定義できます。
    基本運賃・時間割増・距離割増を設定可能です。

    常傭計算方法は、車両又は車種によって異なります。
    車両で定義する場合は、日極・月極で計算できます。
    車種で定義する場合は、日極で計算できます。

  • 9. 未定運賃を後から入力できる?
     

    問い合わせ画面から未定運賃のみを抽出し表の中から簡単に入力できます。

  • 10. 消費税を100円単位に丸めるように得意先に言われた。
     

    消費税の丸めは何円単位で行うかまで設定できます。

    消費税の丸め位置:小数第1位/整数1の位/整数10の位/整数100の位/整数1000の位
    消費税の丸め方法:四捨五入/切り上げ/切り捨て

  • 11. 得意先の消費税設定が、A社は内税でB社は非課税 どうしよう?
     

    得意先(親)ごとに税計算しない/外税/内税が選択できます。

  • 1. 運賃を契約どおり正確に収受したい
     

    貴業界に多い未定運賃への対応と、それによって決定した運賃の後追い入力や修正処理を可能にします。また、入金/売掛の消し込み処理と合わせ、正しい稼動明細を表した請求書は、荷主様の信頼を得られます。

  • 2. 請求書の発行の手順が知りたい
     

    まず御導入頂きますと、各種のマスタを登録して頂きます。次に、日々の日報入力業務を行って頂きます。請求期間内全ての日報の入力が終わりましたら、締日集計処理を行い請求書の発行を行います。残高管理を行う場合は運用開始月前の得意先ごと残高の入力と締集計処理前に入金入力を行って頂きます。

  • 3. 請求書を営業所や現場・担当者に分けて作成できる?
     

    得意先コードに枝番をつけて親子管理することができます。
    請求書を営業所や現場・担当者に分けて作成し合計の請求書も作成できます。

  • 4. 決算月だけ締日が違う得意先の請求書を出したい
     

    「年度末対応」の有無を得意先ごとに定義できます。年度末対応が必要な場合は年度末の請求書を以下の例のように出力できます。

    通常締日:20日 決算月:3月
    2回に分けて請求書を発行する場合 2月21日~3月20日/3月21日~3月31日
    1回にまとめて請求する場合 2月21日~3月31日
  • 5. 請求書フォームが2種類必要なのだけれど?
     

    請求書フォームはお客様とお打ち合わせの上当社のインストラクタが作成します。
    フォームの種類は複数作成できます。

  • 6. 請求書の網掛けや会社のロゴをきれいに出したい
     

    本システムはカラープリンターに対応していますので、お客様の会社のロゴや請求書で使用する罫線や網掛けをカラーで見栄え良く出力することができます。もちろん印刷前の確認でプレビュー印字する際もカラー画面で表示することができます。

  • 7. 請求書を送付したが間違いが見つかった!修正できる?
     

    締日に関係なく何時でも修正ができます。過去のデータはすべて修正及び追加入力・削除が可能です。

  • 1. コスト削減に役立てることはできるの?
     

    売上や経費の集計結果を月、年単位で「車両別収支実績表」として出力します。それにより、お客様は各車両の期間単位での収支の実績を把握することができます。

    車両別収支実績表

    固定費として設定した経費については、期首に1度入力して頂ければ、数値が翌月に繰越されます。

    車両経費として人件費を見た場合、乗務員の複数車両への乗務により人件費の配分が困難になります。
    トラックメイトでは乗務員の総稼働時間と車両別の乗務時間により人件費を各車両に適正に配分します。

  • 2. これからの売上を予測したい
     

    車両,乗務員,得意先,傭車先ごとの月別の売上と経費の1年間の推移を前年度と併せてグラフに表示することができますので、お客様は前年同月比が把握でき、年間を通した傾向から売上予測を立てたり、注力すべき得意先や、貨物・車種が判読し、今後の売上予測等を立てることができます。

    得意先別推移グラフ
    棒グラフの青が自社の売上です。
    折れ線グラフの、赤が前年、下の青が今年の売上です。
    これを見ると、4月、6月に売上が好調なのが分かります。
    また、昨年と比較すると、ほぼ下回っていますが、4月と9月はほぼ同じ売上です。

  • 3. 得意先ごとに儲かっているのか儲かっていないのか知りたい
     

    得意先ごとの収支は車両の経費を得意先ごとに配分することにより行います。どの車両がその得意先の仕事で何キロ走ったかを集計することにより、車両経費を得意先ごとに配分します。売上や車両経費を得意先へ按分した経費を集計して月、年単位で「得意先収支計算書」を出力します。それにより、お客様は得意先ごとの期間単位での収支の実績を把握することができます。また、収支実績表と連動した得意先収支分析画面では、売上や利益、固定経費等、収支実績表で出力した全ての項目をキーにして、得意先の一覧を昇順又は、降順で並び替えて表示することができますので、お客様は売上や利益に貢献している得意先、経費のかさんでいる得意先、またその逆の得意先を瞬時に把握することができます。

  • 4. 傭車先に精算書を出したい
     

    傭車先ごとの傭車売上、下払金額を集計し「精算書」を始めとする傭車先に関する各種の管理帳票を出力し、傭車売上、下払金額、買掛の管理を行います。

  • 5. 1車両にかかる人件費や、1得意先にかかる車両経費はどのように配分されるの?
     

    必ず、決まった乗務員が決まった専属の車両に乗車するケースであれば、その乗務員にかかる人件費の全てを専属の車両に配分します。

    ただし、1台の車両に複数の乗務員が乗車するケースでは、車両に乗務した時間によって、人件費を按分します。

    複数の乗務員が複数の車両に乗務するようなケースでは,更に複雑な計算を行って按分しています。

     

     


    乗務員A 給料20万円

    乗務員B 給料50万円

    車両A
    稼動時間200時間
    乗車時間
    150時間(15万円)
    乗車時間
    50時間(10万円)

    車両B
    稼働時間250時間
    乗車時間
    50時間(5万円)
    乗車時間
    200時間(40万円)

    また、同様に対象の月に、1台の車両が複数の得意先の仕事を運行するようなケースでは1得意先当たりにかかる車両経費を、その得意先の運送にかかった実車キロで按分して車両経費を配分しています。

  • 6. 公平で公正な配車計画がしたい
     

    乗務員項目(手当てに関する時間・金額)や運送収入・稼働日数・稼働時間・走行キロ等の集計結果を月単位で乗務員管理表や乗務員管理明細表として出力します。これにより、運収に対する、キロ・時間・手当に偏りがないかわかります。お客様はこの出力結果を給与算出の基礎データとして給与計算に活かせます。

  • 1. メンテナンスは電話でもできる?
     

    お客様と弊社をインターネット回線と通信ソフトで接続することにより、お客様のパソコンに表示されている同一の画面を弊社に設置しているパソコンで確認することができます。操作方法などのご指導やシステムの設定についてのご相談は、お客様と同一の画面を見ながら別回線の電話でアドバイスさせて頂くことになります。弊社から遠隔操作をするケースもありますが、その模様をお客様自身も画面で確認できますので、安心してお使い頂けます。なお、通信ソフトにつきましては弊社推奨品をご紹介させて頂きます。

  • 2. 導入後のサポートは安心ですか?
     

    当社の支店(東京・大阪・札幌・名古屋・広島・福岡・熊本)のインストラクタ及び営業が直接説明にお伺いします。責任を持って運用のお手伝いをさせて頂きます。
    2年目以降のサポートについては、保守契約をおすすめいたします。

  • 3. 保守契約って何ができるの?
     
    • ソフトウェアを運用していく上で必要な操作指導を行います。
    • 各種のトラブルによるソフトウェアの障害復旧を支援します。
    • サポートパックサービスにはトラックメイトシリーズの2書式までの請求書フォーム作成を含みます。
    • 各種のお問合せに、訪問または電話やファックスにより、お答えします。
    • 「リモートメンテナンスサービス」を受けることができます。
    • 操作員が変わったり、新たに加わった場合の操作指導を行います。
    • ソフトウェアの不具合に対し修正プログラムが発表された場合、修正プログラムを提供します。
    • 修正プログラムが発表された場合、その情報を連絡します。
  • 1. 「トラックメイト」の実績はどの程度あるの?
     

    トラックメイトシリーズは、2018年5月で、約5,500本強の出荷実績です。

  • 2. 複数のパソコンから入力したい
     

    複数のクライアントライセンスをご購入いただくことにより複数の端末から入力できます。

  • 3. 営業所があるのだけれど、全社の集計を行いたい
     

    営業所オプションを購入いただくことにより営業所での使用が可能になります。
    本社と営業所はVPNやインターネット(ASPの場合)により接続されている必要があります。

  • 4. 得意先や傭車先に送る郵便物の宛名書きをしたい
     

    登録した得意先、傭車先の住所データを基に、ダイレクトメールの宛名書きが簡単に、宛名ラベルに印字できます。
    ダイレクトメールのフォームも自由自在に設計できます。タイガー又は販売店で購入できます。
    対応用紙(タックラベル ページプリンタ用紙)

    • HISAGO GB865
    • 東洋印刷 nana C10M
    • A-one 28382
    • :B4

  • 5. 当社にあわせてカスタマイズしてほしい
     

    「トラックメイト」は多くのお客様にご利用頂けるようにプログラムの修正をしないでも設定によって多くのご要望にお答えすることができます。プログラムのカスタマイズをすると別途費用が発生しますが、設定の変更はプログラム修正料は必要ありません。
    どうしてもプログラムのカスタマイズが必要な場合は、当社の各支店のシステムエンジニアが対応させて頂きます。

  • 6. 得意先の、ある営業所に対してだけ請求書発行をしたい
     

    8桁ある得意先コードのうち、下3桁を枝番号にして親子管理も実現していますので、得意先の営業所単位での請求書発行やその得意先の全営業所分の総売上を管理することもできます。

  • 7. 「トラックメイト」のデータを他のシステムで利用できますか?
     

    「トラックメイト」では集計した給与の基礎データを弊社がお奨めしている(株)応研様の「給与大臣」と連動してデータの有効な活用をすることができます。

  • 8. 逆に他のシステムから「トラックメイト」へデータをコンバートしたい
     

    お客様のご利用されていたシステムによって、データ利用の可否が左右されますので、弊社システムエンジニアにご相談下さい。

  • 9. データの加工をテキストやエクセルでしたい
     

    「トラックメイト」では全てのマスタ及び帳票において、ファイル出力機能を兼ね備えていますので、エクセルファイルやテキストファイルに出力して、データを独自に加工することができます。

燃料サーチャージとは

経 緯

燃料サーチャージとは、燃料価格の上昇・下落によるコストの増減分を別建ての運賃として設定する制度です。
現状の燃料価格が基準とする燃料価格より一定額以上上昇した場合に、上昇の幅に応じて、燃料サーチャージを設定または増額改定して適用するものです。
一方、燃料サーチャージの設定時点より下落した場合には、その下落幅に応じて減額改定します。
また、燃料価格が基準とする燃料価格よりも低下した場合はこれを廃止します。

導入後、運輸局に運賃届出する義務が発生します

(1)距離制運賃
燃料サーチャージ額 = 走行距離(Km)÷燃費(Km/L)
×算出上の燃料価格上昇額(円/L)
(2)時間制運賃(1日当たり)
燃料サーチャージ額 = 平均走行距離(Km)÷燃費(Km/L)
×算出上の燃料価格上昇額(円/L)
(3)時間制運賃(月間当たり)
燃料サーチャージ額 = 平均稼働日数×平均走行距離(Km)÷燃費(Km/L)
×算出上の燃料価格上昇額(円/L)

燃料サーチャージ算出に必要な各項目を入力します。
※画面をクリックすると拡大画面が表示されます。

「指標設定画面」


「指標等設定部」
各項目が選択されると「説明部」に、該当項目の説明が表示されます。
  • 印刷[F2]・イメージ機能[F3]
  • 提出資料・届出書出力
  • 試算機能[F7]
  • 試算(シミュレーション)機能

指標登録画面にて入力された値を元に提出資料(燃料サーチャージ適用方・運賃表)及び届出書の出力を行います。
※画面をクリックすると拡大画面が表示されます。



過去の請求データを利用して試算(シミュレーション)を行います。

試算出力帳票

試算設定で指定した内容で、燃料サーチャージ試算(シミュレーション)の出力を行います。
※画面をクリックすると拡大画面が表示されます。
距離制運賃例

■配車管理もよりスムーズに

○受注配車
受注した仕事を入力し、配車担当者が車両を割りつけていく場合にご活用いただけます。
○配車板
車両の一覧を見ながら、空いている車両に仕事を割りつけていく場合にご活用いただけます。
☆さらに複数の営業所がある場合✩
受注データや配車状況の共有も可能。配車の内容を乗務員や傭車先に伝える「配車指示書」の作成などもより正確に行えますので、貴社の仕事の流れにマッチした配車業務が実現できます。※詳細はお問合せください。

■デジタルタコグラフとの連動

デジタルタコグラフの運行データを取り込むことで、さらに効果的なデータ活用が可能となります。※詳細はお問合せください。

■連動対象デジタルタコグラフと必須ソフトウェア

矢崎エナジーシステムデジタルタコグラフ
(DTG1 DTG2 DTG3 DTG4 DTG5 DTG7)
富士通デジタルタコグラフ
(MBCD/standard、MBCD/communications、
MBCD/basic、DTS-C1、DTS-C1D)
必須ソフトウェア 【DTG1~4】
「TRAFFICS2」
【DTG5、DTG7】
後方支援クラウドシステム「ESTRA-Web」
【MBCD】
運行拡張ミドルウェア(ITP運行支援システム)
または上位連携オプション
【DTS-C1、DTS-C1D、 DTS-D1A、DTS-D1D】
クラウド型運行支援サービス「ITP-WebServiceV2」
販売元 矢崎エナジーシステム株式会社 富士通株式会社
開発元 株式会社インターフェイスロジテム 株式会社トランストロン

※デジタルタコグラフは、矢崎エナジーシステム社製と富士通社製に対応します。
※デジタルタコグラフの型式によっては、連動できない場合もございますので弊社担当者までご相談ください。
※連動オプションを利用するためには上記の必須ソフトウェアが必要となります。
※その他「トラックメイトPro3」に連動するためのオプションや最新版へのアップデートが必要となります。詳しくは弊社担当者までご相談ください。

■タブレット端末との接続も可能

iPadやAndroidタブレット端末などから、「トラックメイトPro3」がインストールされているパソコンにリモートデスクトップ接続し、「トラックメイトPro3」が利用可能になる機能もご用意しています。※詳細はお問合せください。

●受注配車一覧画面 ●配車板入力画面

積載効率を考慮した最適な配送計画を簡単に算出。

  • 札幌支店011-874-5195
  • 名古屋支店052-961-9773
  • 大阪支店06-6201-3841
  • 広島支店082-243-6361
  • 福岡支店092-281-5138
  • 熊本営業所096-206-9556
  • 東京本社03-5283-7232
  • お問い合わせ・資料請求