平成もあと3ヶ月。次の元号は?

2019/4/2 元号が発表された為記事をリライトしました。
タイガーブログをご覧のみなさま。いつも閲覧ありがとうございます。販売促進部の川井です。平成最後の1月がもうすぐ終わりそうですね。ついこの間までお正月だったような気がするのですが、早いことでもう1年のうちの12分の1が過ぎようとしています。

最近は寒い日が多いですが、みなさま風邪などひかれていないでしょうか?巷では、インフルエンザも流行しているようで、タイガーの社内でもインフルエンザにかかった人も出ており、よりいっそう体調管理には気を付けたい所存です。

個人的に気をつけているのは、公共の場所にある物を素手で触らない、ということをしています。つり革や階段の手すりなどですかね。効果のほどは?ですが、年明けてから今日までは体調を崩すこともなく毎日に健康に過ごしております。

 

今回は元号がテーマです。テレビ・ラジオ・ネット上など色々なところで「平成最後の〇〇」というのを目にするので、みなさんもう耳にタコな話題だと思いますが、今年の5月から31年続いた平成が終わり新しい元号に切り替わります。

そこで、過去に日本で使用されていた元号を調べて見ました。

 

そもそも、元号が使われ始めたのは645年の【大化】が最初になります。歴史の授業で【大化の改新】というのを習いましたので聞き覚えのある方も多いかもしれません。ちなみにこの時に天皇に即位したのが、孝徳天皇という人です。

ところで、この元号。一番長いのと一番短いのは何だと思いますか?

一番短いのは暦仁(りゃくにん)で、その期間はなんと2カ月と14日。異様な短さとなっております。ちなみにこんな短いタイミングで元号を変えた理由は、「暦仁=略人」すなわち、この世から人々が略される(=死んで消えてしまう)とする風評が発生したために再び改元を実施したそうです。(Wikipedia-暦仁より

昔は、こんなことをきっかけに元号を変えてたんですね!当時は間違った情報が広まっても訂正する術などなかったでしょうから、こういう噂の類の対応にも苦心していたことが伺えます。

 

さて。一番短い元号ときたら、一番長い元号は何だと思いますか? みなさまも良くご存知である【昭和】になります。この昭和の時代が続いたのは、なんと62年と14日。わずか2ヶ月の暦仁を見たあとだと余計に長く感じますね。この62年と14日という元号の期間は、世界的に見てもかなり長く使われていた部類に入るようです。

 

でも、ここであれっ? と思う方もいるかもしれません。それは、昭和は元年から64年まであるからです。62年と14日なのになぜ昭和64年まであるのか。

 

実は昭和元年は7日間、昭和64年も7日間しかありません。なので期間で見ると、62年と14日なんですね。昭和元年生まれ、もしくは64年生まれ、という方はかなり自慢して良いんじゃないかなと思います。

 

そしてこの記事は次の話題で終わりにしようと思います。その話題は

 

次の元号は何になるのか?

 

これはみなさんも関心の高い項目なのかなと思います。いきなり次は何になるか、と想像するのは難しいですが、ある程度消去法で絞っていくことができそうです。直近で使われた元号の頭文字が

明治「M」
大正「T」
昭和「S」
平成「H」

これらは、現在のソフトウェアやアプリケーションなどで、元号のアルファベットでの置き換えに使用されているので、被ってしまうとややこしいことになります。このことから次の元号には使われづらいと推測できます。つまり下記の行の文字が使われづらいと言えそうです。

明治(M)「ま行」
大正(T)「た行」
昭和(S)「さ行」
平成(H)「は行」

そうなると残っているのは

あ行 (AIUEO)
か行 (K)
な行 (N)
ま行 (M)
や行 (Y)
わ行 (W)

となってきますね。

ここからは完全な推測です。直近の元号をローマ字に直すと以下のようになります。

MEIJI(5)
TAISHOU(7)
SHOUWA(6)
HEISEI(6)

ローマ字表記したときに6文字前後になると予想。またローマ字の「I(アイ)」の使用率が高いので、「I」がどこかに入るものと仮定してみます。そして、「明」「大」「平」と最初の漢字に「I」が使われることが多いので、新しい元号でも最初の漢字に使われると想像します。前述の使われる可能性がある行と組み合わせて

A 「あい」 い うい 「えい」 おい ・あ 愛(使われなさそう) 相 藍 ・え 英 栄 永
K 「かい」 き くい けい 「こい」 ・か 改 快 ・こ 恋(元号では使われなさそう)
N 「ない」 に ぬい 「ねい」 のい ・な 内 ・ね 寧
M 「まい」 み むい 「めい」 もい ・ま 舞 毎 ※めいは直近で使ったので除外
Y やい 「ゆい」 よい ・ゆ 唯 結 由
W わい

相 藍 英 栄 永 改 快 内 寧 舞 毎 唯 結 由

1文字目に使われそうな感じがだいぶ絞られました。元号に使われた文字の過去の使用回数から見ると「永」が最多の29回使われており、直近9回は使われていないです。しかも過去の元号の歴史を見ると、「SEI」という読みが含まれる元号が使われた時の前後の元号に「EI」という読みの漢字が登場する確率が高いです。

これらを総合して、一文字目は「永」と予想します。

2文字目は、直近の平成と語感が被らないようにすると思われるのでIとEを除外して、AUOが母音に使われそうです。大正・昭和と使われたOU(ちなみに明治の前の元号の慶応にもOUがあります)が使われると予想してみます。

ローマ字で書くとEI■OUとなります。■には何が入るのか予想していくと、あ行のローマ字は使われないでしょうから残りのアルファベット「CDFGHJKLMNPQRSVWXYZ」となります。ここからローマ字表記としてあまり使わないもの、「OU」と組み合わせて漢字に変換できないものを除くと「DGHJKMNRSYZ」だいぶ減りましたね!元号の漢字には日常的にあまり使わない漢字を使わないそうなので、それを除外してなおかつ、濁点がつく元号が少ないので外してみます。

DOU (濁点のため除外)
GOU (濁点のため除外)
HOU 奉・宝
JOU (濁点のため除外)
KOU (既存の良く使われる熟語【栄光】の読みと被るので除外)
MOU 望
NOU 能
ROU 労・朗
SOU 想・奏・創
YOU (既存の良く使われる熟語【栄養】の読みと被るので除外)
ZOU (既存の良く使われる熟語【映像】の読みと被るので除外)

これらを1文字目の「永」と組み合わせると

永奉
永宝(時代にそぐわない、古い感じがするので却下)
永望(永く望む…永く望むだけで望みがかなわない、という連想が出来るので却下)
永能
永労(永く労う…長時間労働を連想させるので却下)
永朗
永想
永奏
永創

 

永奉 永能 永朗 永想 永奏 永創

 

あえてこの中から選ぶということはしませんが、タイガーブログではこの6つの中のどれかになると予想します。今年の5月から新元号元年となりますが、変わらず良い年にしたいですね。新年一発目のブログがだいぶ遅くなってしまいましたが、今年もタイガーブログ定期的に更新していきますので、どうぞよろしくお願いいたします!※いきなり出遅れていますが、更新頻度を上げるのが目標であることを、こっそり宣言しておきます。。

――以下、リライト部分ーー

2019/4/1に新元号が発表されました!

「令和」

字面を見るとあまりピンとこないのですが、それはどの元号でも同じことでしょう。5月からは令和元年ですね。新元号にちなんだグッズの発売や各種キャンペーンなどが各所で実施されることでしょう。タイガーは、、、今のところ何もないですが、2019年の6月から創業80周年目の期に突入します。

新元号というよりは、周年記念にあわせて何か起きる気がしますので、楽しみにしていただければと思います。ブログで告知できるようなことがあれば情報発信していきますね。

会社のパソコンからこの記事を更新しているのですが、キーボードで「れいわ」とタイプすると一発で「令和」と出てくることに多少驚いております。

さて、肝心の私が書いた新元号予想ですが、まったくかすりもしませんでした。いや、少しはかすったのかもしれませんが、外れでした。とてつもない候補の数の中からピンポイントに答えを探るのはなかなか難しいですね。ただ予想中は楽しかったのでこれはこれで良しとします。

 

クラウド型ドライブレコーダー管理システム

webドラサービス

ドライバーの行動把握、車両管理、事故防止に威力を発揮! 通信型ドライブレコーダーSamlyをパワフルに活用するクラウドシステムです。

詳しくはこちら >>

製品カタログデータを【無料】でダウンロード頂けます。

カタログダウンロード >>

  • 札幌支店011-874-5195
  • 名古屋支店052-961-9773
  • 大阪支店06-6201-3841
  • 広島支店082-243-6361
  • 福岡支店092-281-5138
  • 東京本社03-5283-7232
  • お問い合わせ・資料請求