優秀経営者賞受賞!

タイガーブログをご覧のみなさま、いつもありがとうございます。2018年も残すところあとわずかとなりました。師走の語源は師が忙しくて走るという説からついた、というのが有力だそうですが、今月は走った記憶ないなぁと振り返っています。決して忙しくなかった訳ではないんですけどね。どうも、販売促進部の川井です。

師といえば、実はこのたび日刊工業新聞社主催第36回優秀経営者顕彰にて、弊社の師……もとい代表取締役の竹添社長が優秀経営者賞を受賞いたしました。せっかくの機会なので、代表取締役の竹添社長に理想の社長像について、どういうものであるのかアンケートを取ってみました。

第36回優秀経営者顕彰(日刊工業新聞社のページへリンク)

社長、優秀経営者賞受賞おめでとう!


ありがとう、このような賞を受賞させていただき大変光栄です。

 

弊社のイメージキャラクターの虎之助もインタビュアーとして駆けつけてくれたのですが、当ブログで社長の画像を勝手に使いまわすと会社に怒られそうなので、今回は特別に『社長の椅子』を社長に見立ててインタビューしていこうと思います。その前にご存知ない方のために簡単に日刊工業新聞社について、紹介をしておきます。

 

1915年創刊で100年以上の歴史を持つ。紙名に「工業」を冠しているように、製造業の動向を中心としつつ、幅広い業界・テーマを取り上げる(流通・サービスや運輸、金融、農業、科学技術、大学・教育、経済・商工団体、行政・政治など)。中小企業の報道にも熱心で、地方の多くの企業や新しいベンチャービジネスについても、記事と広告特集の両方で紹介する。環境問題や企業コンプライアンス(法令遵守)など業種横断的な連載・特集も行う。 (Wikipediaより抜粋-“日刊工業新聞“)

 

そしてこの優秀経営者顕彰は今年で第36回目を数えます。どんなものかというと…

 

日刊工業新聞社の「優秀経営者顕彰」制度は、優れた経営手腕により企業を成長させ、日本経済の発展と地域社会に大きく貢献したモノづくり関連の中堅・中小企業経営者を広く顕彰するものです。(”2018年第36回優秀経営者顕彰-募集要項”より抜粋)

 

記事を書き始めた時点では知らなかったのですが、弊社の社長は何やらすごそうな賞を受賞されたようです。今回はそんな弊社の社長に”理想の社長像”について聞いてみました。

単刀直入に聞きます。理想の社長像はどんなものですか?

難しい質問ですね。。やはり常にチャレンジ精神を持った社長が理想と思います。


なぜそれが理想だと考えていますか?

現状に満足すると、会社の成長は止まってしまい何れ淘汰されると考えているからです。

 

会社の社長となると船で言えば船頭な訳ですから、船頭が行く先を見据えてるのは大事だなと思います。タイガーがこの先何にチャレンジしていくのかはわかりませんが、今後のタイガーにはさらなる期待をしていただきたいと思っております。

今回の受賞に関してどのような理由で、また、会社のどのような面が評価されての受賞に至ったかはわかりません。しかし、社長のこういったマインドが評価され受賞の一助となったことでしょう。

 

当記事で2018年のタイガーブログの更新は最後となりますが、来年は今年以上に更新していくという目標立てていますので楽しみにしていただければと思います!

クラウド型ドライブレコーダー管理システム

webドラサービス

ドライバーの行動把握、車両管理、事故防止に威力を発揮! 通信型ドライブレコーダーSamlyをパワフルに活用するクラウドシステムです。

詳しくはこちら >>

製品カタログデータを【無料】でダウンロード頂けます。

カタログダウンロード >>

  • 札幌支店011-874-5195
  • 名古屋支店052-961-9773
  • 大阪支店06-6201-3841
  • 広島支店082-243-6361
  • 福岡支店092-281-5138
  • 東京本社03-5283-7232
  • お問い合わせ・資料請求