• logo_h01
  • 札幌支店011-874-5195
  • 名古屋支店052-961-9773
  • 大阪支店06-6201-3841
  • 広島支店082-243-6361
  • 福岡支店092-281-5138
  • 熊本営業所096-206-9556
  • 東京本社03-5283-7232
  • お問い合わせ・資料請求

クラウド型ドライブレコーダー管理システム「WEBドラサービス」

web_dr_01_13 h_prp_button_300

危ない運転動画をPC・タブレットで
いつでも、どこでも瞬時にキャッチ。

WEBドラサービス運転イメージ写真

WEBドラサービスとは

WEBドラサービスとは、通信型ドライブレコーダー「Samly」で撮影した運転動画をクラウド上で閲覧・管理できるサービスのことです。

クラウドとは簡単に言えば、「特定のデバイス(PCやスマホ、タブレット)に依存せずに利用できる形態」を指します。WEBドラサービスにおいては、「Windows」の端末であれば、PCやスマホ、タブレットのどの端末でも利用することができます。※1

※1 WEBドラサービスでは、「iOS」「Android」端末での動画再生に対応しておりません。

通信型ドライブレコーダー「Samly」からは、利用者が操作を行わずとも運転中の動画が自動で「WEBドラサービス」へとアップされます。その動画は、家や会社、ネットカフェなど、ネットワークに繋がっているデバイスがあれば、「どこでも閲覧・管理」することができるのです。

WEBドラサービスで、通信型ドライブレコーダー「Samly」の動画をネットワークに繋がっているパソコンやタブレットから閲覧・管理するイメージ画像

クラウドの良いところは「会社でなければ動画が見られない」「会社に行かないと管理ができない」といったデバイスの制限を受けないところにあります。家のPCでも、持ち歩いているタブレットでも、会社やネットカフェのPCでも利用することが可能です。

では、WEBドラサービスでは「具体的に何ができるのか」を詳しくご紹介していきます。

※「Samly」は、株式会社ドライブ・カメラの製品です。

WEBドラサービスでできること

危ない運転があった場面を見逃さない

通信型ドライブレコーダー「Samly」は従来の“運転動画を記録・撮影するだけ”のドライブレコーダーと違い、「危険運転」を自動判定した際に10秒の動画にまとめて、「WEBドラサービス」へと随時アップロードします。

管理者はアップロードされた10秒動画をPCやタブレットなどで瞬時に閲覧することができます。さらに、動画の管理も簡単。「Samly」は危険な運転の動画を「重大な危険運転」「急減速」「急加速」「急ハンドル」「速度超過」などのトリガー(項目)で自動判定し、分類してくれるので、「WEBドラサービス」に送られた動画は項目別で検索することも可能です。

項目別の管理によって、「ドライバーAさんは急ハンドルが多い」「ドライバーBさんは急減速が多い」など、運転状況の分析や事故の原因調査にも役立てることができます。

リアルタイムで事故の防止・処理に動ける

急ブレーキや衝突などで車が強い衝撃を受けたとき、「Samly」は「重大な危険運転」が発生したと判定し、「WEBドラサービス」が入っている管理者のPCやタブレットのブラウザ上にリアルタイムで通知、または管理者へ自動メール送信を行います。

通知を受けた管理者は即時に危険運転の状況確認や事故対応が可能になります。

さらに、「動態管理」機能を使うと、リアルタイムで「車両の位置の把握」「走行軌跡の確認」「選択した車両の最新動画の取得」ができますので、管理者は即時に車両の状況を把握できるようになっています。

事故の危険が多い道を事前にドライバーに共有できる

ドライバーはいつも同じルートを走行するわけではありません。
初めてのルートを運転するときは「注意点がどこか」はなかなかわからないものです。

そんなときは「WEBドラサービス」の「走行軌跡日報」機能を使えば、トリガーごとの危険な運転発生地点を抽出することができます。これによって、はじめて走行するルートでも危険なポイントを把握し、危険な危険運転の発生件数が多いルートでは事前にドライバーと共有することで、事故の軽減に繋げることができます。

疲労がたまっているドライバーに休息を促すことができる

「安全エコ日報」機能は、ドライバーの運転傾向を可視化します。

日報は「走行速度」「運転時間」「危険運転の発生回数」「車両の走行軌跡」などの項目でグラフも利用してわかりやすく一覧にするので、ドライバーの運転傾向を一目で把握することができます。日報だけでなく、週報、月報にも対応している点もポイントです。

この機能によって、「ドライバーAさんは今日の走行時間が長いから、明日は休みに」「ドライバーBさんは今月の危険運転回数が多いから事前に口頭注意の対策を」など、管理者は無理のないドライバー管理が可能になります。

「誰がいまどこで、どの車に乗っているか」がかんたんに把握できる

社用車を複数所有している企業の多くが気にしていることは「車の現在利用状況」です。

「動態把握」機能を使うことで「誰がどの車を使っていて、どこにいるか」を即時に把握することができます。この機能によって、急な訪問予定が入った場合も、「その地点の最も近い場所にいるのは誰か」も一目でわかるので、効率的な社用車の利用を実現します。

メモリーカードを持ち帰らなくて済む

「WEBドラサービス」を使うと、動画の保存もシンプルになります。

煩わしいパソコンへのコピーは不要で、WEB(クラウド)上に「1車両につき最大300件」まで動画を保存することができます。これまで動画の保存をする際にネックになっていたメモリーカードの持ち帰りをもう気にする必要がありません。

よくあるご質問

Q.トリガーとは何ですか?

A.「WEBドラサービス」と連携するドライブレコーダーである「Samly」が独自に判定している危険運転 (イベントのこと )です。「Samly」は運転中にトリガーが発生した際、即座に動画をアップロードします。

Q.トリガーの種類はいくつありますか?

A.トリガーは全部で12種類です。基本トリガーは「重大トリガー」「Gセンサー」「急加速」「急減速」「急ハンドル」「速度超過」「外部ボタン※2」「アイドリング超過」の8つ。衝突防止補助システム「Mobileye」と連携すると「低速時衝突警報」「衝突警報」「車間警報」「車線離脱」の4つのトリガーを取得できるようになります。
WEBドラサービスと連携する通信型ドライブレコーダーSamlyの危険運転トリガー一覧
※2「Samlyの外付けの外部ボタンを押したときに発生する」

Q.料金はどれくらいかかりますか?

A.料金については価格表をご確認ください。

HOME画面

web_dr_02_11

 

安全エコ日報

web_dr_02_2

 

安全エコ週報/月報

web_dr_02_3

 

走行軌跡

web_dr_02_4

 

危険運転情報

web_dr_02_5

 

動態管理

web_dr_02_6

 

WEBドラサービス 動作環境

  • ○WEBドラサービスはブラウザで動作するWEBアプリケーションになります。
  • ○本システムは多重ログインができないシステムのため、ログイン者の分だけログインアカウントが必要となります。
  • ○本システムを利用するためには下記の環境が必要となります。
CPUIntel Core i5以上推奨 
メモリ2GB以上 
OSMicrosoft® Windows® 10
Microsoft® Windows® 8.1
Microsoft® Windows® 8
Microsoft® Windows® 7
対応ブラウザInternet Explorer 10、11、Edge(Chrome、FireFox、Safariは未対応)
ディスプレイ1920×1080以上表示可能なもの
プリンタ使用OSに対応したプリンタドライバを持つレーザープリンタ(B4以上が印字可能なもの)
その他通信型ドライブレコーダーSamlyに付属の専用ビューワーソフトをお使いになる場合は
以下URLの「動作環境」タブをご参照ください。
http://www.tiger-inc.co.jp/takon/samly/
WEBドラサービスはWEBアプリケーションになります。対応ブラウザで動作する環境を記載しております。
本ホームページに記載の製品名、会社名は各社の商標および登録商標です。
記載しています機器およびソフトウェアの機能・仕様等は改善のため予告なく変更する場合がございます。

「WEBドラサービス」標準価格表

内 容標準価格(税抜)備考
初期一時金加入事務手数料1,000/車両 WEB側の車載器情報登録、初期設定費用等
運用指導料50,000/拠点 運用指導料 1拠点約2時間の講習(別途交通費)
月額利用料金基本3G通信版 月額利用料1,980/車両 SIMカード月額、動態管理、外カメラ映像保存、ログデータ保存、サーバ利用料、メール・電話等によるお問合せ、ハード保守(※取付費用は含まれません)が含まれます。
初月無料。(最低利用期間1年)
オプション内カメラ映像保存200/車両 内カメラの映像をWEBアプリで保存、閲覧可能。映像データは最大1ヶ月間保持します。
※SDカード版ではご利用になれません。
Mobileye連動オプション200/車両 Mobileyeのログデータを取得できます。Mobileye専用の帳票出力などが含まれます。
動画保存+100本200/会社 トリガーごとに(カメラの外、内は関係なく)
※本契約は、「車両」ではなく、「会社単位」での契約となります。
ログインID1アカウント追加1,000/会社 ウェブドラにログインできるユーザーを1アカウント追加できます。
※標準で3アカウント用意されています。(※20車両ごとに1アカウント追加されます)

 

解約休止など途中解約手数料5,000/車両 3G通信版を1年満たずに解約する場合に途中解約手数料が発生します。
SIMカード故障、紛失、他5,000/枚  SIMカード紛失、故障等の場合に手数料が発生致します。
利用一時停止中
SIMカード利用料
600/車両 Samly3G版を一時利用停止にした場合、SIMカードの利用料だけ発生します。
利用一時停止/再開
事務手数料
3,000/車両 一時的持にSamly3G版の運用を停止する場合の事務手数料(SIM通信月額利用料は別途必要) 再開する場合も再開手数料がかかります。

 

Samly機器価格(3G通信対応)

製品名 参考価格
(税抜)
同梱品内容
Samly Mobileye連動セット 295,000Mobileye連携可能
MI有本体セット(本体+電源ケーブル類+インジケーターユニット+アンテナなど)
カメラ(赤外線無) ケーブル3.5m
モービルアイ専用ケーブル
3Gアンテナ ケーブル5m
インジケーターユニット
32G専用SD
3Gモジュール
衝突防止補助システム「Mobileye 570」 衝突防止補助システム「Mobileye 570」 ¥160,000
Samly Mobileye連動セット
※Mobileye本体価格除く
140,000 Mobileye連携可能
MI有本体セット(本体+電源ケーブル類+インジケーターユニット+アンテナなど)
カメラ(赤外線無) ケーブル3.5m
モービルアイ専用ケーブル
3Gアンテナ ケーブル5m
インジケーターユニット
32G専用SD
3Gモジュール
Samly 一式セット
※Mobileye非連動版
110,000Mobileye連携不可
MI無本体セット(本体+電源ケーブル類+インジケーターユニット+アンテナなど)
カメラ(赤外線無) ケーブル3.5m
3Gアンテナ ケーブル5m
インジケーターユニット
32G専用SD
3Gモジュール

 

Samly、Mobileye取付費用 参考価格

 参考価格同梱品内容
Samly単体取付費用25,000取り付ける車種により変動します。
Samly+Mobileye取付費用60.000取り付ける車種により変動します。

※価格の詳細は当社営業までお問合せ下さい。

各項目をクリックすると回答が表示されます。

 

質問: HOME画面では何ができますか?

回答:

本日の危険運転情報の動画をすぐに確認ができます。また、Samly本体の異常(SDカード書き込みエラー、SDカード未挿入、カメラエラー)といった録画ができない状態をすぐに把握できます。当社からのお知らせやマニュアル、ソフトウェアのダウンロードなどが可能です。

 

質問:走行軌跡は印刷できないのでしょうか?

回答:

走行軌跡に関しては印刷することができません。画面での確認のみとなります。

 

質問:安全エコ日報、週報、月報の違いを教えて下さい。

回答:

安全エコ日報は、1日分の安全運転、エコ運転の傾向を日報化した書類になります。週報、月報は1週間または1ヶ月間の運転傾向を帳票化したものになります。

 

質問:危険運転情報ってどんなものでしょうか?

回答:

危険運転情報は、Samly本体が検知するトリガー一覧と、動画地図再生をする画面になります。
例えば、急ハンドル、急ブレーキ、急発進…等、主に危険運転に該当する情報等を確認できます。

 

質問:危険運転情報の動画はどのくらい保存されているのでしょうか?

回答:

危険運転情報の動画は、1車両あたり最大300件まで保存します。300件を超えると古いものから上書きします。もし、保存しておきたい動画がある場合は、「動画保護」機能がありますので、そちらにチェックをいれることで、動画を保護することができます。

 

質問: 分析帳票ボタンを押下しても動画一覧しか出てきません。帳票は出せないのでしょうか?

回答:

現行のバージョンでは、動画一覧のみです。分析帳票は準備中となります。今後のバージョンアップで以下のような帳票を予定しております。
・Mobileye連動関連帳票
・安全ランキング
・イベント一覧

 

質問:トリガーにはどんな種類がありますか?

回答:

重大トリガー、急ハンドル、急発進、急減速、速度超過、アイドリング超過、Gセンサートリガー、外部トリガー(Samlyの外付けボタン押下時のトリガー)などが標準であります。
Mobileyeと連携した場合は車間警報、車線逸脱警報、衝突警報などが用意されています。

 

質問:必要のないトリガー動画もあるのですが、動画を取得しない方法はあるのでしょうか?

回答:

設定で取得したいトリガー動画を選択することが可能です。例えば、アイドリング超過のトリガーが不要な場合は、動画取得をしないことも可能です。

 

質問:他の車両にSamlyを移動する予定で、その間3ヶ月はSamlyを使いませんが その間も月額利用料はかかりますか?

回答:

Samly休止措置をとることが可能です。
休止措置をとると、休止事務手数料と通信料のみ¥600(税別)/月額がかかります。

質問:WEBドラサービスの最低利用期間等はありますか?

回答:

最低利用期間は1年間となっております。途中解約をする場合は、1車両ごとに途中解約手数料がかかります。

 

質問:Samlyはデジタコですか?

回答:

法三要素(速度、時間、距離)を取得することができますが、本製品はデジタコではありません。
ドライブレコーダーという扱いになります。

 

質問:本製品の導入を検討しておりますが、貸出などは行っているのでしょうか?

回答:

ドライブレコーダーの貸し出しも行っております。本体費用、WEBドラ利用料は無償で、取付、取外しに関してはお客様負担となります。
最大貸出期間は2ケ月です。(貸出状況により、すぐにお貸出しできない場合がございます)

 

質問:ログインアカウントを増やしたいのですがどうすればよいのでしょうか?

回答:

ログインアカウントは、初回3つまでご用意しております。20車両ごとに1アカウントを無償で追加できます。
もし、アカウントが足りない場合は、1アカウント1000円/月額で追加が可能です。

 


お問い合わせ・資料請求


株式会社タイガー
〒101-0064 東京都千代田区猿楽町2-1-14 A&Xビル2階
Microsft Partner Silver Independent Software Vender(ISV) ISMS

トラックメイトはタイガーの登録商標です。このホームページの内容の一部又は全部を無断で複製転載することを禁じます。

↑TOPへ戻る